2007年05月14日

クレーム殺到のネット花屋(追記アリ)日記

楽天市場内の「e花新鮮広場」というショップで購入したギフトの花が、「枯れていた」「腐っていた」「種類もカゴも写真と全然違う」と苦情殺到しているそうな。

特にクレームが多かった商品のレビュー
店の掲示板

花は生もの、寄せ植えやアレンジは基本的に店のお任せとはいえ、これほどクレームが集中しているということはよほど酷い状態だったようだ。
その上、掲示板を見ていると対応や確認メールなどの送付状況もよろしくない。

送った相手が実家やぶっちゃけて話せる友達であれば、「こんなんだったわよ」「うわーごめんね;」というやり取りも出来るだろうが、送り先が義母だったりした日にはこれは気まずいよ。相手がいい人であれば、実態を飲み込んで、気持ちにケチつけちゃいかんと思って「キレイだった」と取り繕ったりしてくれてたら、またそれはそれで気まずいしなあ。まして変な風に勘ぐられたらもう最悪だし。

実際こんな書き込みもあった。

母の日に贈った花が腐っていたようです
私は16の時に駆け落ちしてから、お母さんに電話をしても出てくれませんでした
今年、新しい旦那様との間に赤ちゃんが生まれて2ヵ月後に電話したら
少し話ししてくれたのですが、駆け落ちの話になって私が怒って電話を切ってしまったの

電話しずらくて、やっぱり赤ちゃんの為にも仲直りしたくて母の日のプレゼントに
カッコつけて、花を贈ったのですが
真っ黒なカーネーション・他の花は腐っていたようで
お母さんが電話してきました。そして、あんたの気持ちは良くわかった
こんなのは特別に注文しないと普通の店はありえないから、
あんたが無理言って頼んだんだろう
って電話をガチャンと切られました


ネタじゃなかったとしたら余りにも悲惨な…

今回玄機先輩のご実家にもネットを通じて花を送ったので、この一件を見ていたら急に心配になってきてしまった。
何度も実家宛てに使って、定評を得ている日比谷花壇のギフトだったので多分大丈夫だと思うのだけど…万が一にも失礼がなければいいんだが。

やはり花を送る場合は、定評のあるショップに頼むか、送り先に手渡しできる花屋を選べる花キューピットなどのシステムを利用する(しかしショップのセンスが信用できるかどうかはまた別問題だったりするのだが…)or送り先地元の花屋で通販するのが一番安心できるのだろう。

しかし楽天は定期的にこういうことが起こるなあ……


続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 22:24 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2007年05月13日

404 But Found日記

今日は彼女が好きだった曲を聴こう。
そう思っていざCD棚に向かうと、自分のフェイバリットと重なりすぎて、どれを選べばいいかわからなくなる。
その日が今年もやってきた。
わが親友、玄機先輩の命日だ。
もう少しすれば、また私は、追い越した先輩の年と差が開いてしまう。
ブログのテンプレも、多少しめやかなものにしてみた。

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 15:27 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2007年05月12日

ベッタベタ日記

録画していた「地球へ…」を見ていたら、相方がそのへんに積んであった本の中から、サラ・イネスの「誰も寝てはならぬ」を取り出して読み始め、シレっと、

で、このアニメは、誰がゴロちゃんで誰がハルキちゃんなんだ?

その『寺』じゃねぇぇぇ!!


なんというベタな……ベタ過ぎで予想できず不覚にも噴いてしまった。

それにしてもオフィス寺の男衆は、揃いも揃って成人検査を通過できなさそうです。

サラ・イネスファンかモーニング読んでる人以外には意味不明なネタですいません。まあいつもそんなネタばっかだけど。
posted by 大道寺零(管理人) at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年05月11日

不審者認定基準を考える(3)日記

実際に二人の娘さん(しかも別嬪さん)を持つ文月さんからレスをいただいて、だんだんわかってきたことがある。

「マンションのエレベーターに一人で乗っている時、知らない男が乗り込んできたらすぐに降りること。」と学校で教えるような時代です。


というコメントに対し、「それは同集合住宅の住人にとってはキツい話ですね」と反応したところ、このようなお答えがあった。

要は誰であろうと密室で一対一になるなという事。同じマンションに住む男に殺された子もいるし。
なので「できるだけ一人ではエレベーターに乗せないように」と言われています。
ちなみに公園のトイレを利用するなんてありえない行為です。


つまり、「この人の見た目や話し方がどうこう」と個別に判断するのではなく、
「エレベーターや密閉空間では1対1にならない」
「公園のトイレには行かない」
などの、シチュエーションや場所を避けて対応する
ということなのだ。

あからさまに避けられたり、逃げ出されたりした場合には、
「俺を見て避けた」
のではなく、
「そのシチュエーションや場所を避けた」
と受け取ればよい
ということのようだ。
確かに、実際の児童犯罪の容疑者は、全くの他人よりも顔見知りの犯行の数のほうが多いことを考えれば現実的な対処だし、子供も迷うことがない。

自分にやましいところがなければ、そう解釈するのが一番腹を立てずに済む方法であり、現実的な対処なのだと分かった。
文月さん、コメントありがとうございます(そして勝手に引用しちゃってすみません)。

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 20:58 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

不審者認定基準を考える(2)日記

私自身が子供を持たない身だからというのもあるだろうけれども、「人を見れば不審者と思え」という態度がエスカレートすることは、連日の事件を見れば仕方ないと思う反面、やはりオトナとして不愉快な面も感じずにはいられない。

「知らない人や、怪しいかも?と少しでも感じた人は不審者だと思い、警戒しなさい」

という教えの根底には、

「面識のない人が善意か悪意かニュートラルかをとっさに判断するのは難しい。ましてまだ社会的にも未熟な子供の判断力では尚更で、何か事件があったり危険・不愉快な目にあってからでは遅いのだから、極力接触を避け、声をかけられたら逃げて通報するしかない」

という事情がある。
報道されるよりもはるかにその手の犯罪が多い昨今だからそうするしかないのだろう。

だが、「特に善良でもないけど咎められる覚えもない地域住人」としては、

その子供の「未発達な判断力」を以て、犯罪者扱いされたり、まして通報されて近所から変な目で見られかねない

ということが非常に理不尽に思えるのだ。


そして、多くの学校では、「自分の身を守る方法」の教育と共に、「あいさつ運動」のようなものも行っている。(不審者対策と両立できないために廃止した学校もあるのだが)
見知らぬ子供から「こんにちは〜」と言われたら、「こんにちは」と返事をしてもよい。
しかし、こちらから一人で下校している子供に、見守りの意図を持って「こんにちは」とか、「暗くなったから早く帰ろうね」などと声をかければ通報されて、「不審者マップ」に掲載されかねない。


子供から道を聞かれれば答えてもいいが、こちらから道を聞けば通報される。

(参考:犯罪発生詳細[大阪府警察安まちメール]

発生状況: 通行中の女子中学生の後を付け、女子生徒が振り返ると、「○○さんのお宅はどこですか」と声を掛ける事案が発生。

犯人: 175センチ位、30歳前後、やせ形、短めの黒髪、茶色上衣、紺色ジーンズの男1名

告知内容: 屋外での子供の一人歩きは避けましょう。 犯人等の情報は、警察へ連絡してください。

↑「後を付け」は女子中学生の主観であって、単に同方向に歩いていただけの可能性もある。よく夜道で女性の後ろを歩いてた男性が誤解されるパターンということも…

つまり。
子供はまだまだか弱いし、学校・家庭・地域が守らなければならぬ存在ではあるけれど。
ここまで来ると流石に「子供って何様よ??」と思ってしまうのは私だけだろうか。
「あちらから話しかけられれば返事していいけれど(しなければしないで不審者認定かも)、こちらから話しかけるのは許されない」って、どこのベルサイユ宮殿よ??
地域社会は、子供を頂点としたカーストなのか??
と言っては言い過ぎだろうか。

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 19:40 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

不審者認定基準を考える(1)日記

「子育てを地域で」というウソ のエントリーを書いた後、いただいたコメントなどを元に私も色々調べてみた。

「声かけ事案」は、都市部だけの問題でなく、ほぼ全ての都道府県、市町村でMAPなどが作られ、事例を報告して防犯の参考としている。

「声かけ」の典型例は、以下のようなもので、大体が「連れ去り」「つきまとい」「露出」の前段階としてリンクしている。

・「●●ってどこだか分かる?そこまで案内してほしいので車に乗りなよ」
・「××を(買って)あげるからこっちにおいで(車においで)」と声をかけて車に乗せたり、連れて行こうとする
・下半身などを露出した状態で声をかけたり、近づいてきたところで露出したりする
・声をかけて興味を引いたり、近づいて体や衣服を触る
・「何年生?おうちはどこ?」としつこくつきまとって個人情報や住所を聞こうとする


その他、「こんにちは」程度の通常の挨拶でも、そこから接触や招き入れに展開するパターンもある。
それを考えると、「子供には声をかけるな」が限りなく正解に近いとも思えてくる。

しかし、その上で、「こんなところでうろうろしたらあかんで」という声かけで通報されたことに対する違和感は残る。

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 16:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年05月10日

「子育てを地域で」というウソ日記

犯罪発生詳細[大阪府警察安まちメール]

情報種別: 子供被害情報

件名: 子供に対する声かけ事案
発生日時: 05月09日 18:00
発生場所: 寝屋川市 香里新町28番 付近路上 (地図)
発信: 寝屋川警察署

発生状況: 小学生低学年の女子が、見知らぬ男から「こんなところで、うろうろしてたらあかんで。」と声をかけられるという事案が発生しました。

犯人: 40歳位のヒゲを生やした男1名。
告知内容: 身の危険を感じた時は、直ぐに助けを求めましょう。


(見られない場合は地区選択から「寝屋川市」で検索してください)

えーと……要するに「子供に声はかけちゃダメ」ってことか?

時間は18時。
その辺にいる小学生低学年の子に「そろそろおうちに帰ったほうがいいよ」と声をかけるのには自然な時間じゃないか???

このおっちゃんは、声をかけるだけで、後を付いてきたりとかしていないのに……不憫だ……
40でヒゲだとだめなのかよ!

この情報は、登録者にメールで逐一配信されるらしい…

しかも、同サイトの事前承諾事項の一番目にこうある。

・ 本メール配信は、警察が事件を認知した容疑段階で、事件概要を登録者の方へ配信することで、自主的な防犯対策に役立てて頂くことを目的としています。


「容疑段階」なのか既に。

よく、「地域全体で子供を育てよう」とか、「誰にでも挨拶して明るい街づくり」とかいうスローガンが掲げてあったりするけど、実にウソッパチだなもう。

このご時世、急増する犯罪から子供を守るのは奇麗事じゃないけど、これはいくらなんでも被害妄想なのでは??
posted by 大道寺零(管理人) at 20:58 | Comment(8) | TrackBack(0) | 日記

こってりしてなきゃ意味ないね日記

mixiで、自分の所属しているコミュニティ一覧を表示したところ、一段目に鎮座まします殿方が素敵すぎた。

mycomu1.jpg
左から
「セクスィー部長/色香恋次郎」
「兜甲児」

一つ置いて「轟一郎」。

思春期に突入した頃からよくよく分かっていたけれど、私はどれほど濃くてくどい男性を好めば気が済むのか。

濃さで言えば、三段目もなかなかのものだ。

mycomu2.jpg

もうなんつーかテッカテカ。
アンチオイリーの帝王・よーじやの脂取り紙も3秒でギブアップするこの昭和の香り漂うホルモン(フェロモンとは何かが違う)噴霧っぷりがたまらない。
posted by 大道寺零(管理人) at 02:44 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2007年05月08日

ネイガージュース他日記

相方が、職場の同僚(秋田県出身)からのお土産モロタよー!ということで持ち帰った品。

りんごひゃぐ!

「超神ネイガー」のりんご果汁100%ジュース、その名も
「豪石 りんごひゃぐ!!」
「りんご ひゃく」と読んではいけない!あくまで「ひゃ」。ここ重要。
パッケージの文章などは画像をクリックすると拡大するので読んでみたい人はどうぞ。
ネイガー商品に限っては、商品の説明とか注意とか製品情報の部分が標準語表示であることの方が、一方的に違和感を抱かせられてしまう。恐ろしい…

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 00:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2007年05月07日

黄色い鯉のぼり日記

実を言うと、小さい頃は、ひな人形よりも鯉のぼりに憧れていた。
「超豪華フィギュアセット(道具類充実)」である雛人形を母と一緒に飾るのは勿論楽しかったのだが、しまうのがちと面倒。
そして何より、山形の3月初旬はまだまだ寒く、いつも薄寒い部屋で段を組んだり人形を飾っていた印象があって、「楽しいながらもなんか寒い」という思い出がいつもついて回る。

実家には、兄のために買った五月人形飾りはあったが、屋外に立てる鯉のぼりはなかった。
しかも7つ違いの兄は、私が小学生に上がる頃には中学生。「家族の行事なんかやってられっか、ケッ」というお年頃の真っ盛りに突入していたため、その五月飾り自体もあまり出番がなかった。

GWころの山形は、時折初夏並みに気温が上がったりしてよい季節、月山や蔵王を背に、田舎の空に悠々と泳ぐ鯉のぼりがなんとも楽しそうで、「うちでも鯉のぼり立てようよ!」とゴネてはドジョウを困らせたものだ。
当時、子供の数も多かったので、鯉のぼりの姿はあちこちの家で見られた。「中流化」の波も影響したかもしれない。
ちょうど、化繊にプリントした安価で大きい鯉のぼりが普及した時期で、スタンダードな「吹流し+真鯉+緋鯉(+子鯉)」だけでなく、緑やオレンジの「子供鯉」を付けて飾る家が出てきたのもこのあたり。
そして当時流れまくった「黄金太郎鯉〜♪」のCMソングを思い出せる人は間違いなく同世代。
中には、「子供の数だけ」色とりどりの子鯉を3つも4つも付けたりして、鯉のぼりというよりはもはやメザシ状態になっている家も見受けられた。
その中にチラホラ混じっていた、私が最も好きなタイプの鯉のぼり。
それが、「黄色い鯉のぼり」だった。

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 18:09 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2007年05月06日

酒田のいちごは今が旬日記

来週が母の日。
ここ数年は、日比谷花壇から花を贈ったり色々していた。
特に日比谷花壇のアレンジメントはたいそう評判がよかったので今年もそれでいいかとも思ったのだが、5月は酒田のイチゴの旬でもあるので、ためしに自分で買ってみて美味しいようだったら送ろうかと発案。
この間ト一屋で買ったのがとても美味だったので決定。
というか、こんなに庄内のイチゴが美味いとはあまり認識していなかった。なめてたよママン。

庄内といえばとりあえずはお米の印章が一番だと思うが、実は酒田の砂丘地帯や羽黒などでおいしいイチゴも作られているのだ。

今日、JAそでうら隣の直売所「いちご畑」に行く。
その名の通り、店内はもういちごだらけ。
自宅用の不ぞろいで安いものから、贈答によさそうな粒揃いのものまで。さらに品種もいくつかある。

今回は、酒田で開発した新品種「おとめ心」を一箱選んで発送した。
甘みだけでなく適度な酸味があり、濃厚な味わい。

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 20:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年05月04日

血液型性格判断をめぐる奇妙な表現日記

こんな会話を実際に聞いたことがある。

S子「T子さんの血液型は何?」
T子「Bですよ。」
S子「まあ!T子さんは几帳面だし整理整頓もきちんとしているし、私はてっきりAかと思っていました。Bとは思わなかったわ。」
T子「そうですか、よくそういう風に言われます。」
S子「ご両親の血液型は?」
T子「母がAで、父がBです。」
S子「ああやっぱり!お母さんがAだから、T子さんも”A型入ってるB”なんだわ。納得。」


続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 03:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ある夜明け前の風景日記

先日、調べ物をしていて、mixi内もちょいと見てみようかと検索、トピックを読んでいたら、衝撃のやり取りを発見してしまった。
「美しい言葉遣いとは」というのが主な話題だったのだが、

A:
「シミュレーション、シュミレーション」
あれ、どっちだっけ??とかなる時も。。。

B:
確かシュミレーションですよね?
ミュってなるのはコミュニケーションです☆

A:
シュミレーションか!


いやいやいやいや。
「です☆」じゃねーーよ!!
(;´Д`)
Aが「どっちだっけ?」となるのは別にいいけど、胸をはって間違った方を教えて、しかもそれに納得するなよAも。

ちなみに、2番目のAの投稿は去年の4月。
その後今に至るまで、「いや、シミュレーションですよ。英語のつづり見れば分かるでしょう」という書き込みは皆無(まあ、その他の書き込みもほとんどなくて過疎コミュニティのようだったが)。単に「気の毒」すぎて突っ込みを躊躇したのかもしれないが…
そもそもウォッチ目的で覗いたコミュでこんな光景を目の当たりにするとは。(当然参加するはずもナシ)

美しい言葉を模索するのは結構だが、その前に正確な言葉を認識してくだされ。

勝先生……日本の夜明けは……一部まだまだっぽいです……
posted by 大道寺零(管理人) at 02:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年05月03日

そろそろ血液型信仰を考え直さないか日記

翔ソフトウェア (Sho's)」というサイトの、「議論パターン」ページが面白かった。
実際の会議室や会話の場、あるいはWeb上で行われる議論について、陥りがちな不適切なパターンと、それを是正して、建設的な論議に誘導する方法論などが、分かりやすく述べられており、とても参考になる。

面白いのは、非論理的で問題の多い議論参加の例として、「血液型占い」、特に「B型は自己中心的だと決め付ける」人の誤った論法がよく登場するところで、非常にスカっとする。

そう、私はB型だから。
「血液型占い(と、その信者)」のスケープゴート、B型だから。


続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 17:02 | Comment(12) | TrackBack(0) | 日記

2007年05月02日

うどんの環境負荷日記


「讃岐うどんに「環境」の壁 ゆで汁大量排水「名産品」ピンチ 香川県」(gooニュース)


同県のうどんの生産量は、昭和55年度は約1万7000トンだったが、「讃岐うどんブーム」にわいた平成15年度は約6万7000トンと4倍近くまで増加。17年度も約6万1600トンに上った。 しかし、ブームの副産物として「排水問題」が浮上した。うどんを直にゆでた汁は原料のでんぷんなどを多く含む。水質汚染を示す化学的酸素要求量(COD)では、うどん店の排水は平均で1リットルあたり1000ミリグラム。一般家庭の排水の約10倍の濃度で他の飲食店と比べても倍近くある。


うーん。辛いところだなあ。
うどんに限らず麺類は、たっぷりのきれいなお湯で茹でないと美味しくないし…
ゆで湯に溶け出すでんぷんの量が多いから、環境負荷は高い。
そばの場合は、そば湯として出すことで少しでも排出量を軽減できるが、「うどん湯を飲む」というのは聞いたことがないしなぁ。

一般家庭の規模であれば、ゆで汁は食器洗い(油もの含む)やシンク磨きに再利用できる(ちなみにパスタのゆで汁も同様)けれど、業務レベルではおっつかないだろうし…

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 18:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

ダジャク組合連合公式サイト日記

先日、「いきいき!夢キラリ」で、「超神ネイガー」のドキュメントを放映したので録画して視聴。
動くネイガーのお姿を見れて満足。
そしてナレーターの女性(秋田の地方局のアナウンサーだろうか?)が「キリタンソード」とか「秋田名物のハタハタをモチーフにしたブリコガン」とか、ものすごーくマジメくさった声と口調で紹介しているので耐えられずコーヒー吹きそうになった。

「超神ネイガー」とは、ご当地ヒーローの中でも抜群のクオリティと本気度を誇る、秋田県限定ヒーロー。
まだ知らない方は是非公式サイトをチェック。
サイトの充実ぶりも異常。最近はタイアップの食品やグッズも増えてきたようだ。

ネイガーの発起人にして「中の人」と、プロジェクト立ち上げ時からの相棒(主に音楽・構成担当)のお二人にスポットを当てた内容だった。
お二方とも金浦(このうら)にお住まいで、前者はスポーツジム経営(UWFに所属経験アリ)、後者はお寿司屋さん。

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 17:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2007年04月30日

ここは酷い虐待施設ですね日記

これは酷い。とても平常心を保つことが出来ません。
生活力が乏しく絶滅が危惧されている稀少な動物を
自分の敷地に(合法的にとはいえ)拉致して繁殖させ
わざわざ不安定なドーナツ状の物体の上に乗せて身動きが取れないようにした挙句
一定時間ごとに衆人環視のもとに引きずり出して食事行動を見世物にするなど、犯罪的といっていいでしょう。

しかもごく幼い個体だというのに…
しかもそれを撮影した動画を不特定多数に公開するなど、このようなことが行われていいのでしょうか?

追記部分にその動画と記事のリンクを張ります。
特に「グロ」ではありませんが、人によっては動画の中の動物の様子に切ないような思いをしたり、腰が立たなくなったりすることがありますので注意してください。


続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 14:31 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2007年04月29日

ハートキャッチ日記

例えば、貝割れ大根の葉っぱの部分を見ていると、なんかモニョモニョとする。

かいわれ

または、シダ植物体の前葉体の形を思い浮かべても、やっぱりモニョモニョする。
zenyoutai.jpg

この前久々にハッピーターンを食った時、いつのまにか、レアというにはけっこうな割合で「ハート型のハッピーターン」なんてものが入っていたのを知ったときも、同じようにモニョモニョとした。
happyturn.jpg

なぜ、こういう「ゆるいハート型」を見ると何かソワソワするような気分になってしまうのか。
いや、本当は分かっているのだ。
決して春だからとか、深層心理学とか、そんな話ではない。

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 01:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2007年04月28日

踏み逃げ・読み逃げについて(mixiを眺めて思うこと)日記

mixiの日記やコミュニティを「踏み逃げ」「読み逃げ」で検索して見ると、実際のところ「〜逃げはダメ!」と目を三角にする記述よりも、そうした拘りや自意識について否定的な(要するに常識的な)内容のものが圧倒的に多い。
例の市議候補の足跡についてのアンケートも、実際の投票総数は170ちょいくらいで、mixi登録数から見ると、反応した人数自体がかなり少ないとも言える。(まあ所沢在住とかコミュニティメンバーをピンポイントで検索してのアクセスだったらしいので、おのずからそんなに多くはないだろうけど)

次に、「踏み逃げ・読み逃げ」でコミュニティを検索すると、「〜逃げ言うほうがおかしい」というスタンスのものが圧倒的に多く、「読み逃げダメ!」なコミュニティのいくつかは、「本当に『読み逃げやめて!』と主張する痛いユーザーを釣り上げるためのもの」であったりして、『真性』のコミュニティは実に少数のようだ。

勿論、プロフィールやら日記やらで、話題になっているように「踏み逃げ」「読み逃げ」を悪行のごとくになじるユーザーも存在するが、一部で言われているように「mixi全体がそんな感じ」ではないことも踏まえておいた方がいいように思える。
posted by 大道寺零(管理人) at 20:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

目くじら日記

Feliceさんの日記から記事を読んだ。私も彼女と同感で、候補の行為そのものよりも、騒いでいる一部のmixiユーザーの方に抵抗を感じる。
 ミクシィ「踏み逃げ」 市議候補に大ブーイングJ-CAST ニュース
ミクシィで他人の日記やプロフィールにアクセスして「足あと」を残したまま、日記にコメントをしない「踏み逃げ」が話題になる中、選挙候補者による「踏み逃げ」が波紋を呼んでいる。足あとを不特定多数のユーザーに残し、自分のページに誘導する狙いのようだが、「踏み逃げ」された側からはブーイングが起こっている。
(略)
不特定多数に足跡をつけることで、ユーザーが足あとをたどって自分のページにアクセスしてくれるように「誘導」する行為だとして、これが「売名行為」だと非難されているのだ。
「読み逃げ」については以前話題になった(あの投稿自体はネタだという話もあるが、読み逃げを蛇蝎のごとく嫌うユーザーが存在するのは事実だ)のだが、今度は「踏み逃げ」かいな;

何度も同じ趣旨のことを書いてる気がするが、自分が好きで参加して好きで文章を公開しているものについて、「逃げ」という「義務を果たしていないのを非難する」意味の言葉を使うこと自体が大間違いであり自意識過剰に過ぎると思うのだが…

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 13:58 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。