2006年12月05日

葬式で驚いた日記

遡った話になるが、10月下旬に同居の義祖母が急逝した。
享年92歳だった。
前日ショートステイに行き、夕方帰宅。
高血圧が持病の祖母が、その日は血圧がかなり低かったという事がチェックされている。しかし昼食は補助なしで全部平らげたという。食欲はその前2,3日ほども旺盛で比較的良く食べていた。帰宅時顔色が悪く、その後ぐったりした様子になってきたので義父がかかりつけの医師に電話。すぐ看護士さんにきてもらい、肺炎の疑いがあるかも?ということで入院となった。
次の日、原因不明の貧血が起こっているということを知らされ、大きな病院に運んで精密検査入院してもらうかどうか…を家族で相談していたら、その深夜、入院中のクリニックから電話。徒歩で5分もかからない距離。急いで家族を起こして走ったが、駆けつけた時には既にバイタルグラフは平らだった。

死亡確認後、体をキレイにしてもらい、できるだけ早く家に帰す算段をしてもらう。真夜中なのに手を尽くしてくれて、主治医と看護士さんには頭が下がりっぱなしだ。
このかかりつけ医は、前日時間外にも関わらずすぐきてくれて入院措置をとってくれたし、普段も今時珍しく往診してくれる良心的なお医者さんで、大いに助かっている。

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 12:19 | Comment(13) | TrackBack(0) | 日記

UPTOWN日記

庶民には、真の「山の手」「エエとこ」の人の考える事はよくわからない…

「建てるなら豪邸」 芦屋・六麓荘に建築制限条例改正案(asahi.com)

 日本屈指の高級住宅街とされる兵庫県芦屋市六麓荘(ろくろくそう)町(252世帯)で「敷地400平方メートル以上の一戸建て」しか新築できないようにする条例改正案を4日、市が議会に提案した。相続税を払えないなどの理由で土地を手放す地主が相次ぎ、住民が求める「閑静な住宅街」の維持が瀬戸際にあるためだ。高級感を最大の特徴とする芦屋ブランドを守りたい市が、住民の要望を受け入れた形で、全国でも異例の「豪邸しか建てられない街」が生まれることになりそうだ。

 六麓荘町の住民は、開発当初から町内会独自の協定を設け、高級住宅街の維持に努めてきた。協定では、建物は一戸建ての個人宅に限り、新築と増改築には町内会の承認が必要▽敷地は400平方メートル以上▽町内での営業行為は一切禁止する――などを制定。このため町内にマンションや商店はまったくない。


別に、敷地は小さくても「高級感」ある住宅はいくらでも作れるし、「閑静な住宅地」に支障をきたす気もしないのだが、それはやっぱり庶民考えってものなんだろうな〜。
歴史ある街などで、景観を守るために色々住宅に関する条例がある(例えば2階建て禁止・屋根や壁の塗装色指定・垣根などの仕様を限定など)が、その多くは観光価値を保つためのものだ。
「自意識」の問題としてこういう決断をする、そして市がそれにのっかるってのはすごい話だな〜。

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 09:56 | Comment(2) | TrackBack(1) | 日記

2006年12月04日

ハッピーバースデイ日記

市川昆監督91歳の誕生日を祝う特製ケーキ。

コレ

こんなにイチゴが似合わないケーキを見たのは初めてだ…
posted by 大道寺零(管理人) at 20:08 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

給食って教育なのだよ日記

今問題になっている「給食費不払い」をバリバリ助長するような記事。
書く人も書く人だが、載せるサンケイも載せる方だと…

【コラム・断】給食費という高い税金

 給食費の滞納や支払い拒否事例が問題となっている。確かに悪質なケースもあろう。だがマスコミ世論に追従するなら小欄の存在意義はない。先日、住民票の交付料をぼったくりと評した。たかが300円の話と思われた読者もいるだろうが、再び異議を申し立てたい。

 今回も具体例で語ろう。以下は都内A区立Z小学校の実例。学年により多少違うが5年生の場合、給食費が年間5万820円。その他、教材費として1万5000円が、修学旅行などの積立金として1万6500円が徴収される(中学になれば、さらに増える)。

 以上に2500円のPTA会費と520円の引き落とし手数料を合計すると年額8万5000円を超える。これに扶養子弟の人数分が乗じる。わが家の場合、こどもが3人。合計額は勤務先大学の年俸1割を超え、家計を圧迫する。恥ずかしい話だが、長男の修学旅行は断念した。正直、重税感を否めない。少子化は必然であろう。

 給食献立に選択の自由はない。宗教上の禁忌や健康食材に拘(こだわ)る家庭の意向も無視される。なぜ画一的な食事を強制されるのか。刑務所ではあるまいし。いや、刑務所なら食事は無料である。


…色々突っ込むところがありすぎてクラクラしてくるのだけど突っ込んでみる。
今回は長くなるなぁ〜。

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 18:37 | Comment(10) | TrackBack(0) | 日記

撃沈日記

小パンダにメロメロな私にとって、これはもう精神攻撃と言っていい破壊力だ。
何度見てもたまらん。


posted by 大道寺零(管理人) at 02:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年11月26日

自己分析バトン〜レンジャー日記

涙星さんからいただきますた。

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 03:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年11月23日

大なたを振るった話(文字通り)日記

タイの僧侶がペニス切断、医師による再接着を拒否 (ロイター)

 タイの僧侶(35)が自分の陰茎をなたで切り落とし、医師による再接着を拒否するという珍事があった。22日付の現地タブロイド紙(電子版)が報じた。

 この僧侶は、瞑想中に勃起したことが切断の理由とした上で、煩悩をすべて断ち切ったのだから再接着の必要はないと話したという。


ナタでですか。ナタで。
続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 21:18 | Comment(8) | TrackBack(0) | 日記

リボルビングが悪いのか、それとも彼女が悪いのか日記

クレジットカードのCMなどで、盛んに聞こえてくる「リボ(リボルビング)払い」という言葉。「会費無料」や「プレゼント進呈」「ポイント倍付け」などの特典でやたらとプッシュしてくる。
私の持っているカードでも、10年前あたりから、本来のカードのほかにもう一枚、リボ専用のカードを無条件に送付してくるし、「通常のご使用額が自動的にリボ払いになるサービス」への勧誘ダイレクトメールをやたらと送ってくる。
カードの利用は、金利のつかない一括しか使わないし、用途もプロバイダやPHSの月々の支払・ネットでの買い物のみに限っているので、わざわざ手数料・金利が高いリボサービスを使う気にはなれない。
毎月1回にすればこそ、「先月はちと大きく買ったので今月は自粛しよう」と、普通の感覚を保てるのであって、「毎月一定額」は絶対に「いくら使ったか」という意識を希薄にさせてしまうので危険極まりないと思っている。

そのリボ払いの落とし穴にはまってしまった典型的な例。
リボ払いは、手軽なイメージの宣伝ばかりが目立つために、その実際を知らせることは大事だと思うが、この件の場合、利用者があまりにもアホすぎて、効果的といえるかどうか疑問ではある…

<リボ払い>買い物50万円、返済総額125万円超にYahoo!ニュース - 毎日新聞 -

 大手クレジット会社と加盟店契約を結ぶデパートのショッピングカードを利用した北海道の無職の女性(54)が、リボルビング払い(リボ払い)契約で、50万円の買い物をしたところ、約24年間で125万円以上支払わなければならない状態に陥った。


続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 18:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年11月21日

都市伝説日記

WikiPediaの「都市伝説」の項目にいろいろな話が載っていて面白い。
「猫レンジ」「鳥山明ロード」の話は素で信じてたなあ…
あと、「ゼビウスのバキュラ破壊可能説」は、都市伝説と知って、「あの金返して…」と愕然としたものだ。

連想ゲームの「電動」「こけし」はこの中に入っていたが、「回転」→「ベッド」(逆だったかも)は確かにこの目で見た記憶が。回答者は忘れたが、江守徹だったか、それとも誰かゲストだったか…
posted by 大道寺零(管理人) at 00:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年11月20日

ストーカーのいる場所日記

Dr林のこころと脳の相談室というサイトでは、メールによる相談を受け付けているのだが、この中にはなかなかすごいやり取りが見られる。

とある女性の相談「家の中にストーカーがいます

Q: 38歳の弟のことです。
もう7〜8年、定職に付かず家にいます。

以前から、姉である私に対して、幼稚な嫌がらせをしたりしていましたが、最近はそれがエスカレートしております。
私の部屋と弟の部屋は、本来続き間ですが、襖を閉め家具を置くことで分けております。
建具では、壁のような防音効果は無く、お互いの立てる物音が、全て筒抜けになります。
平日の弟は、私が起きる時間より1時間〜30分早く、大音量で目覚ましをセットして起きます。
私が起きて階下へ降りると、後から降りてきます。
私が二階へ上がると、直ぐに二階に上がって着来て、私の部屋の前で気味の悪い声を上げて笑い、自分の部屋のドアを勢いよく閉めます。
朝の支度で、何度も二階と一階を行き来する時も、その度に同じくついてきます。
洗面所を使うと、直ぐ後に洗面所を使います。
手が汚れたりして洗いに行くと、直後にまた弟が手を洗いに行きます。

仕事から帰り、夕食を摂っていると、キッチンに近い洗面所で、ゲエゲエと気持ちの悪い音を立てながら、歯磨きをしにきます。
食欲の無くなる音なので、磨き終わってから食べようかと席を外すと、歯磨きを止めて、再び私が食事を始めるとまた歯磨きに来ます。


続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 23:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年11月15日

タイマー発動待つ間も無く日記

各ニュースサイトなどでも取り上げられているようだが、一応。

PS3、互換性に不具合のPS2ソフトが200タイトル (ZDNet Japan)

 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の新型ゲーム機「PLAYSTATION3」(PS3)において、互換性のある「PlayStation2」(PS2)の一部のソフトで動作に不具合が発生することが、11月13日までに分かった。不具合が発生するソフトは11月 11日時点で少なくとも約200タイトル存在しており、画像表示や音声再生が正常にできないなどの現象が見られる。

 SCEではこの問題について、11月11日から各種ソフトの動作環境を確認できるサイトを設置。今後、ソフトの不具合を解消するためのソフト配布などで早期の問題解決に務める方針だ。

 PS3は「PlayStation」(PS)およびPS2の後継機となる新型ゲーム機で、PSとPS2のソフトとも互換性を持っている。しかし、 11月11日時点の少なくとも196タイトル(通常版・限定版などの同名タイトルで不具合も同じものは1タイトルとして計算)で、画像や音声の不具合、ゲームデータの読み込みや保存の失敗、ボタン入力後の反応が遅い、ゲームが止まってしまう―――などの現象が起きている。


PS1、PS2との互換性が完璧ではないのでは、という見方をしている人が多かったが、現実にかなりの規模のようだ。
この不具合そのものよりも、SONYの対応・態度のほうに大きな問題があると感じた。クタラギ某氏が出てきてから特にそうなのだが、かつてはその独創性と緻密さで売ったSONYが、どうしてこうも上から物を言う、消費者をバカにしたような対応しかしない会社になってしまったのか。


(同記事つづき)
これについてSCE広報担当者は「PSおよびPS2のソフトは8000〜9000ある。問題があるのはその一部のソフト。音が聞こえない程度であれば、我慢すれば遊べるので問題ないと思う人もいるだろう。ハードの進化による非互換の問題は他社(のゲーム機メーカー)を含めて業界として知られていること当初から互換率は100%ではないと考えていた。PS2の時はゲームプレイの進行に支障をきたすソフトの一覧を公表したが、PS3では(不具合の)症状に併せて遊んでもらうことができるようにするため、それら(各ソフトの不具合状況)を細かく書いていくスタンスを取っている」としている。


続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 03:12 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

結婚式を回顧する日記

9年目にもなると何もかもが懐かしいという感想ばかりとなるが、未だに式の写真は正視できない自分がいるなあ。しみじみ。
先日相方が結婚式に招かれたのをきっかけに、「結婚式で使った音楽」について回顧して語ったのだった。

私達の式の音楽は、いかにもな定番曲はちょっとと思い、密かに70〜80年代洋楽や映画音楽にこだわってみた(特に誰からも褒められもしなかったが自分達が満足できればいいのだ多分。)。

新郎新婦入場の時に使ったのが、ELOの「Twilight」。
「これ、今だったら恥ずかしくて使えなかっただろうなあ」と相方。
昨年ドラマ「電車男」のオープニングで使われたばっかりに、今となっては「電車男の曲」としか認識されなくなりつつあるこの名曲。今使ったら確実に笑いしか起きないだろう。

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 02:25 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2006年11月10日

軍曹ちょっといい話日記

嘘かまことか知らないが、ファンの間でまことしやかに語られている伝説だとか。

「コンバット!」が現役放送されていたあたりの話。
同作のサンダース軍曹役で知られる田中信夫さんが、夜の地下鉄に乗っていた。
同じ車輌にはうるさくクダを巻くタチの悪い酔っ払いがいて、乗り合わせた客の数人かは注意したけど全然効果がない。
そこで田中さんが、サンダース軍曹の声で
「うるせえ!」
と一声発したところ、酔っ払いは嘘のように静かになったそうだ。


多分決して大きな声でなく、短くコンパクトに言ったんだろうなあ。
「鬼軍曹」の代表格であるサンダース軍曹だが、「コンバット!」を見ていると、決して大げさに怒ったりわめいたりしない。でも有無を言わさず相手を従わせる存在感とか貫禄があるのが魅力的だ。続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 19:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年11月09日

朝三暮四日記

先日、当ブログで「足立区で、区立の小中学校へ分配する予算に、学力テストの結果でランクをつけることに」という内容のエントリーを書いたのだが、予想通り住民の反対意見もあって、結局は「ランク付け案は撤回」ということになったらしい。文科相は安堵しているようだが、本当に胸をなでおろしていいものか疑問が残る(まあ大臣から事実上の苦言という意味は大いにあるけれど)。


学力テストで予算ランク分け撤回(asahi.com)

 新たな方針では、A〜Dの4ランクに分けるのをやめ、各学校から提出される予算の申請に基づいて1校ずつ査定する方法に改めるという。学力テストの結果は、伸び率によって学校に加点する形で予算を上乗せする。加点の点数はあらかじめ決めずに1校ずつ判断する。学校へ配分する予算に学力テストの結果を反映する点は変わらないという。同区教委は、さらに具体的な方法を詰める。


続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 02:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

捨てられて日記

日本画家が地元の公民館に貸し出しした絵画11点が、「市に寄贈したもの」と一方的に誤解され、その上ずさんな扱いを受けた揚句に、粗大ゴミとして廃棄され、作者大いに怒るというニュース(中日新聞)

 市によると、一九八五年に開館した同公民館の壁面を飾ろうと、九〇年前後に中尾さんから絵画二十点(後に八点を返却)を預かった。この際、市の担当者は絵画を寄贈されたと思い込み、在庫管理リストをつくらなかったため、いつ何を預かったのかが分からなくなった。数年にわたった展示後の保管についても、倉庫の隅に積み上げてほこりまみれにするなど大ざっぱだったという。

 今月に入り、中尾さんから「預けた絵画のうちのひとつを他の施設に飾ることになったので、引き取りたい」との連絡があり、市職員が同公民館内を探したところ、一点だけが見つかった。他の十一点は〇五年ごろ、他の粗大ごみと一緒に廃棄されたらしい。


んーいくらなんでもこらいかんだろ。
「寄贈されたと思い込んだ」にしても、展示物はそれなりにきちんと保管しなければ。

しかし不謹慎ながら、この被害者たる画家の奥さんのことを知って、悪いと思いつつ吹いてしまった。

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 01:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年11月04日

見えやすいもの見えにくいもの日記

小中学校予算に学力テストの結果を反映…東京・足立区(読売新聞-goo ニュース)

 東京都足立区教委は来年度から、区立小中学校への予算配分に、都と区が実施している学力テストの結果を反映させる方針を決めた。

 テストの平均点などから各校を4段階に分類し、各校の独自の取り組みに支出する「特色づくり予算」の配分を、1校あたり500〜200万円と格差をつける。区教委教育政策課は「子供の能力に序列をつけるのではなく、学校経営を評価するという趣旨。学校の経営改革として実施したい」としている。


いじめ自殺事件が毎日クローズアップされ、「学習だけではない、心の教育」が盛んに取り沙汰されているこの時期に、いや何と素晴らしい空気の読みっぷり。凄いぞ足立区。
続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 14:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年11月03日

私だけなのか日記

どうにも似ている気がする唐突だが、この「18禁マーク」の形って、どうにも危ないブツに似ているような気がするのはわたしだけだろうか?

このマークを見た最初は、
「『子供は見ちゃダメ』のしるしなのに、かえって煽ってる気がする」
「規制に腹立ててる業界の人が、イヤがらせをこめて作ったのだろうか」
と本気で思った
のだが。

調べてみると、国家公安委員会が定めたもんなのね…
詳細な仕様も定まっていた。(リンク先は「猥褻サイトのつくりかた」というサイト内ですが、このページには18禁要素はありません。)


続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 16:29 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2006年11月01日

まさにモロトフカクテル日記

ウオツカ代わりに燃料、さび止め? ロシアで中毒続々 (goo ニュース)

 厳冬期を迎えつつあるロシアで、飲用に適さないアルコールによる中毒事故が相次ぎ、マスコミが連日大きく伝えている。粗悪な密造酒のほか、ウオツカの代用品として工業用アルコール、液体燃料、さび止め、不凍液などを飲んだ例も報告されているという。

 ロシア保健省によると、8月から10月にかけて粗悪酒などによる中毒事件が2901件発生し、118人が死亡した。中毒はロシア全域に広がっており、いくつかの州や都市では非常事態が宣言されている。

 各地を移動する自動車で売りさばかれる素性のはっきりしない酒類が集団中毒を引き起こしている。背景には、ウオツカにはる納税証明ラベルの不足で、ウオツカそのものが品薄になっていることも指摘されている。

 ただコメルサント紙によると、ロシアでは00年以降、毎年3万5000〜4万5000人が代用アルコールで中毒死しているといい、今年が特別というわけでもなさそうだ。キャンペーン的な報道の背後に、アルコールの国家独占を狙う思惑があるとの見方も出ている。"


先日「のんべはまったくしょーがねーなー」と微笑む記事を書いたばかりだが、やはり大陸ののんべさんたちはスケールが違う。違いすぎる。工業用アルコールと言うのは、戦後の日本でも聞いた話だが、不凍液だサビ止めだときたらもう、「飲用に適さない」にも程があるというものだ。


続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 17:52 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

大事なものはこんな近くに日記

二階のPCとネットワークメディアプレイヤーは有線LAN、一階の義妹のPCは無線LANで接続している。無線については、以前むちんさんからお下がりでもらったNEC Atermのセットを使わせてもらっていたのだが、1ヶ月前くらいから時折不調、この間ついに全然繋がらなくなった。親機に接続していた私のPCからも親機認識ができないため、ルータがいかれたか?と判断し、昨日新しく購入した。
義妹のPCのOSはWin98SE、しかもPCカードなし、LANポートなし、そのうえ拡張できる気配もないので、USB子機セット一択。選択肢は絞られるが、条件に合いそうなルータセットを1万円で購入。さっそく接続・設定してみる。

箱を開けると、「簡単設定マニュアル」というA4両面1枚の簡易説明書と、「Q&A」の薄い冊子だけが入っており、詳細な説明書は適宜Webでダウンロードして印刷したければしろ、という最近よくあるパターン。
こうすることによってコストダウン、商品重量や体積をセーブし、紙資源も節約してオンデマンドということなのだろうが、どうも不便なことが多くてこのやり方は好きではない。
XPマシンに設定するなら確かにこのペラ紙で済むのだろうが、プラグアンドプレイでなく、色々設定する手間のある98では、やはり細かいところを指示してあるマニュアルが欲しい。親機のIP・詳細設定の項目も、手持ちのものだけでは分からない。
また、せめてドライバ&ユーティリティCDに収録してくれているならともかく、CDにある「取扱説明書」アイコンをクリックしても、製品ホームページへのリンクがあるだけで、要するにオフラインでは見れないということだ。
ルータセットを買うってことは、「これからネットに接続する=今はオフラインのPCで作業する」わけなのだから、一番見たい時にマニュアルが見れないというのは非常におかしいと思う。



続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 09:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年10月31日

武藤礼子さん逝去日記

俳優・武藤礼子さん死去 「フランダースの犬」でナレーション(Sankei Web)

 武藤礼子さん(むとう・れいこ=俳優)29日、急性心不全のため死去、71歳。通夜は31日午後6時、葬儀・告別式は11月1日午前11時、東京都世田谷区砧7の12の22、成城山耕雲寺で。喪主は夫、明(あきら)氏。

 おもに声優として活躍し、エリザベス・テーラーの吹き替えやテレビアニメ「ふしぎなメルモ」の主人公の声、「フランダースの犬」のナレーションなどで知られた。


武藤さんはアダルトで落ち着いた声、そこはかとなく漂ってくる抑えた色気のある声が好きだった。
メルモちゃんもこの人だったのか…
武藤さんの演じた役については、WikiPediaの項目に詳しい。
posted by 大道寺零(管理人) at 01:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。