2007年06月22日

さよなら朝日ソノラマ漫画

文月さんの日記で、朝日ソノラマ店仕舞いというニュースを知った。

読者向け説明ページより

現在ソノラマ社が発行しているコミックスやノベルズなどは、朝日新聞社出版本部が出版権を引き継ぎ、10月以後は朝日新聞社の新刊として発行することが決まっています。
「百鬼夜行抄」「雨柳堂夢咄」「Petshop of Horros」「魔百合の恐怖報告」「外科医 東盛玲の所見」「毒姫」「チキタ★GUGU」「栞と紙魚子」などの人気コミック、また「吸血鬼ハンターD」などの人気ノベルズは、朝日新聞社の本としてご愛読ください。
というわけで、朝日ソノラマという会社はなくなりますが、朝日ソノラマというレーベルは生き続けます。


ちなみに雑誌類は9月まで出すらしい。
「人気コミック」のラインナップに諸星大二郎が並ぶところが朝日ソノラマの朝日ソノラマたる所以、それゆえに好きだったがなあ。
刊行などが続けられ、ソノラマの名前がレーベルとして残るのは何よりだが、なんとも寂しい。

また、この告知だけだと9月以降の雑誌類の扱いが気にかかるところなのだが、ニュースの文面によれば

朝日ソノラマ9月で店じまい、朝日新聞社出版本部が引き継ぐ:RBB NAVi 2007/06/22

 10月以降、朝日ソノラマの出版物の発行元は朝日新聞となる。現時点では、原則として、朝日ソノラマのコミック、小説、雑誌をすべて継続させるとしており、10月の時点で休刊、廃刊、絶版とするタイトルはないとしている。単行本の新刊は6月でいったん休止するが、10月以降は朝日新聞の本として活動が続く予定。


とあるので、雑誌も大丈夫の模様(現時点では)。
特撮系のムックの扱いはどうなるのかな?

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 20:44 | Comment(4) | TrackBack(0) | 漫画

2007年06月05日

「田中圭一マガジン・COMICサイテー」田中圭一漫画

もはや何も言うことはない…
これ以上内容をストレートに語る書名はそうそうないだろう!
まあ簡潔に説明すると、例の手塚絵や本宮絵であちこちの雑誌に書かれた短編・中編マンガを、ここ7年分くらい集めてきて一冊の本にしたもの。少年誌仕立ての表紙が楽しい。

内容はといえば、いつもの「サイテー下ネタ」。当然だけど。

特に表紙裏のオマケマンガがよろしい。
新ネタになるのかな?あの「困ったちゃん巨匠」の画風までもモノにしつつあるようだ。
ま、「時間は夢を裏切ることも往々にしてあるけど、田中圭一は期待を裏切らない」ってことで一つ!

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 17:03 | Comment(3) | TrackBack(0) | 漫画

2007年05月30日

大出世を祝う漫画

チャンピオンRED連載の、「ジャイアントロボ 地球の燃え尽きる日(脚本:今川康宏/漫画:戸田勝成)」の1巻に、私が個人的に目ん玉飛び出しそうになった1ページがある。

第2話「誕生編2・重撃!九大天王」の6P目。
このコミック版やOVAをご覧になった方はご存知と思うが、「BF団」に対峙する「国際警察機構」は基本的に「水滸伝」の梁山泊であり、トップ幹部の「九大天王」こそ他の作品の主人公や重要キャラクターが引っ張られているものの、一般兵隊(一応「職員」なのか?)は水滸伝の108星好漢たちで構成されている。

で、下のコマは、国際警察機構の参謀である呉用が好漢たちに檄を飛ばすシーンなのだが…

grobo.jpg

このコマでは7人の名前が出ているけれど、水滸伝をちょっとかじった事のある人なら誰しも驚いたり吹いたりしてしまうのではないだろうか。
なぜならこの7人、こういう場でかっこよく登場するのにはまったくそぐわない、108人のうちでも影が薄い、超マイナーどころ揃いだからだ。逆に狙った可能性もあるが、「金毛犬・段景住!!」なんて乙にキメられた日には、
「ちょっwwwwアンタなに『!』とか2つもつけちゃってwwwwまあ滅多にない機会だしよかったねwwww」
と、なんだか生ぬるい気分になってしまう。

うーん、どのくらいマイナーかと何に例えよう。
例えばガンダム世界のメカニックなら…
とりあえずモビルスーツどころかモビルアーマーですらない、周辺メカ。かといって、ミデアやワッパなど、エピソードの中で印象的に使われたようなものでもない。
好意的に言っても「ジッコ突撃艇」「デッシュ連絡機」「重爆撃機デプ・ロック」「コミュ連絡機」というレベル。
この辺、よっぽど周辺メカ好き、あるいはファーストシリーズTV版を隅から隅まで把握している・設定資料を持っている人くらいしか「あー、ハイハイあれね」と反応することは難しいと思われる(そもそも連邦のメカかジオンのメカかという区別自体つかない方のほうが多いだろう)。つまりはそのくらいマイナー。


続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 11:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画

2007年05月19日

落ちモノ、そして水モノ漫画

鳥酋長(バードチーフ)さんのサイト名物、「マンガ一巻目レビュー」の中に、なんだかとんでもないマンガがあったのでご紹介。

(一応成人向け的な内容ですよとあらかじめお断りしておいた方がよさげのような)。

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 01:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | 漫画

2007年04月30日

ヒロイン残酷物語(マジ無惨)漫画

「駿河城御前試合」を読んだり、あらすじを検索してしまったので、「シグルイ」がたどり着くであろう大意としての結末、いくや三重がどういう境遇となるかということも知ってしまったわけなのだが。
暴走・爆走・オリジナル要素がガンガン付加されまくる「シグルイ」においては、誰がどういう結末を迎えても不思議ではない。
いくや三重も、盛大にぶちまけるような最後になる可能性もあるのだろうか。(原作小説でどうなるかは、あえてここでは触れません。)

そんな風に空想した時、「これまで惨死したヒロインたちの死に様」に思いが及んだ。
つまり、「ここまでは『マス』な漫画・出版媒体では『アリ』だった」という事例を揃えてみたいと思ったのだ。

以降、

・作品のヒロインであること(主人公、あるいは主人公のパートナーや恋愛対象・ライバルとして作中に大きな位置を占めること)

・物語の中で肉体的に死んでいること

 (虐待やレイプ、精神崩壊などは含めないことにする)

・無残な死に方であり、かつその死に様の現場・死体が描写されていること
(例えば、「ワイルド7」のユキの死に様も凄惨だが、「死の瞬間」「死後の状態」の描写がないので含めない)

・陵辱・拷問・SM系、欝系のゲームなどは含めていない(というか知らないので…)

に焦点を絞って、「惨死大会」ノミネートリストを作ってみようと思う。

なお、単なる列挙比較が目的であり、残酷描写を賛美したり、それをもって作品のクオリティを語る意図はありません。

!注意!
残酷描写が苦手な方は追記以降の内容閲覧にご注意ください。
また、作品の重大なネタバレに繋がることが多いため、死因・遺体の状況や経緯部分については白色で書いております。作品未読の方はご注意ください。
閲覧の際には、該当部分をドラッグするか、「ctrl+A」で全体を反転させてお読みください。
なお、ブログテンプレートを変更して背景色が変わった場合、反転しなくてもテキストが見えてしまう可能性があります。)
続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 19:19 | Comment(3) | TrackBack(0) | 漫画

2007年04月26日

あしたのジョーの日給はいくらだ?(2)漫画

先日、「 あしたのジョーの日給はいくらだ?」において、
「昭和43年の500円って今だといくらだろう?」
ということを仮定してみた。

結局、「給与比較や簡易宿泊所の相場などを考慮して、体感的に8〜10倍ではないか?」ということを想定したのだが、今日たまたま実家の母と電話で雑談していたので、「当時主婦していた人に聞くのが一番!」と思いあたってみたところ、「悪くない数字だと思う」と言ってもらえた。

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 18:18 | Comment(4) | TrackBack(0) | 漫画

2007年04月23日

島本和彦「流れ星のジャッカル」漫画

一昨日、本サイト「名言館」を更新した際に、島本和彦の「流れ星のジャッカル」からいくつかセリフを引用した。
(全1巻・メディアワークス/主婦の友:1996年)

ファン以外はほとんど聞いたことのない書名だと思う。
事実、島本作品の中にあって、「出来がいい方」に分類するファンは多くはないだろう一本だが、名言っぽいセリフがところどころに登場するからなんとなくバッサリ斬るのも憚られる。そういう意味でも微妙な作品である。

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 15:32 | Comment(3) | TrackBack(0) | 漫画

2007年04月20日

あさりよしとお「荒野の蒸気娘」1漫画

原油資源が枯渇した近未来。
エネルギーの供給停滞と共に文明や治安も後退、人口も減少し、世界は数百年前の状況に戻り、無法の社会と化していた。

今となっては貴重品となったガソリンを盗み出したチンピラ・ジョーは、一休みしているところで姉妹に出会う。

表紙+帯

ショートカットでクール系の姉・アン(左)。夢見るやや天然ボケ乙女系の妹・アリス(右)。
上に示したのは表紙+帯の一部を切り取った姉妹の姿である。


(この後、追記部分にはネタバレ含みますので、これから読みたい方は閲覧にご注意ください。)



続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 17:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 漫画

2007年04月18日

あしたのジョーの日給はいくらだ?漫画

原作でもアニメでも、初期を見た人ならお分かりだと思うが、ドヤ街に流れてきて段平から見込まれたジョーは、最初から「俺ぁボクシングに命かけるぜ!」とやる気満々になったわけではない。
むしろ、多くのビルドゥングスロマンの中でも、飛びぬけて「その気になる」までに最も長く時間を要した部類だといえよう。
(そもそも最初から素直だったら、少年院になんぞ入らないわけなんだけども)

加えて、所期のジョーは非常〜〜〜にずる賢い部分を持つ少年として描かれている。段平と共に川の下の小屋に住み着いてボクシングへの第一歩を踏み出すのだが、そのこと自体について段平にめちゃくちゃ恩着せがましくしており、
「ボクシングの修行とやらを『やってやる』から一日500円払え
と要求して、契約を結ぶ。
(明確に「毎日の契約報酬500円」と言っているのはアニメ版だが、原作でも同等の額をせしめている)
段平は日々の生活とジョーへの「日当」、それにジムを再興することを夢見て、昼夜を問わず日雇いの土方仕事で遮二無二働いた上に、好きな酒もきっぱりと断つ。
こんなに段平おっつあんは健気に頑張っているのに、当のジョーは毎日金をもらって練習する振りをして、ガキ連と遊びまわったり、パチンコでせしめた景品(しかも不法な手段で)を転売したり詐欺行為を行ったりしているのだった。

で、検証してみたいのは、「ジョーの『日当』の500円って、今ならいくらに相当するのか?」ということなのだ。

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 20:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画

2007年04月16日

「あしたのジョー」 綴じ蓋はどっちだ漫画

「あしたのジョー」SPにおいて、光浦靖子が

「ジョーの嫁として最適なのは、葉子でも紀子でもなくサチだと思う!」

と主張していたが、全くもって同意である。


良識をもって生きる正しい一般人


余人に理解されなくても自分の道を進む、エキセントリックな人間

というマトリックスで分ければ、

西・紀子


ジョー・葉子

であることは間違いないのだが、葉子は葉子でけっこう「自分のことには鈍感」という点までもジョーと共通項があり、結局

「ナイーブだけどデリカシーは皆無」

なジョーは手に負えないのではないか
という気がする。育ちの違いも大きいし。

その点サチのバイタリティならば大丈夫だろう(あの性格のまま成長すれば…だが)。そして多分成長すればサチは絶対美人になると思うし、ジョーも「子供には優しい」一面がある上に、きっといつまでたってもサチはジョーにとっては「子供」だろうし。

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 18:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画

2007年04月15日

違いの分かる男漫画

先日、ラーメン屋で待ち時間の間に「ゴルゴ13」を読んでいた。
飲食店の暇つぶし用にゴルゴが置いてあるのはよくあることだが、普段あまり手が伸びない。その日なんとなく棚から持ってきたのは本当に偶然、気まぐれだった。

コンビニ版の「見えない翼」編。
恐らくこのエピソードを読んだら必ず誰もが目を留めてしまうコマだと思うのだが…

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 16:07 | Comment(4) | TrackBack(0) | 漫画

2007年04月11日

「あしたのジョー」東光特等少年院の謎漫画

詐欺で警察に捕まったジョーは、まず最初に鑑別所に送られ、牢名主的な存在だった西と出会う。
その後家裁の審判により、西と共に東光特等少年院に送られる。
この少年院で力石と運命的な出会いをすることはもはや言うまでもなく有名なのだが、「家裁で重い処分を言い渡された、ワルばかりが集まる少年院」にいるメンツの中に、ちょっと謎な連中がいる。

ファンの中でよく不思議がられるのが、
「青山は一体何をして特等少年院に送られたのか?」
という一つ目の謎だ。

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 21:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画

2007年04月10日

「自虐の詩」映画化漫画

本館サイトへの言及リンクをしてくれた鉄郎さんのブログの記事を読んで、「自虐の詩」が秋に映画化ということを知る。

監督:堤幸彦
幸江:中谷美紀
イサオ:阿部寛


阿部ちゃんがイサオちゃん?
いくらなんでも涼しすぎ、いい男過ぎじゃないか…?
と思い、公式サイトを検索してみる。

公式サイト

まっ
たく


だ!!


完璧だ!完璧すぎる!

阿部ちゃん…貴方はどうして自分がイケメンであることをこうも頓着なくかなぐり捨てることが出来るのか…(そしてそれがいい)

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 17:36 | Comment(4) | TrackBack(0) | 漫画

2007年04月01日

繁殖断念漫画

先日記事で紹介したもやしもんデスクトップツールだが、ツール作者のもとに講談社から警告が来たために開発・公開中止となってしまった。
すばらしい出来だっただけに残念だ。

もやしもんデスクトップ
(From「viewpoint」)(現在公開停止中)

2007/3/27
講談社より正式に公開停止を求める警告文が届きましたので、
公開を停止します。再開の見込みは立っておりません。


とのこと。

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 09:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画

2007年03月31日

バトルボールの世界に突入漫画

「バトルボール」とかタイトルに書いてはみたが、果たしてどれだけの人が「剛Q超児 イッキマン」を覚えているのか不安。

「テニスの王子様」がもはやネタを狙っているとしか思えない超展開だと散々聞いてはいたが…

テニスの王子様始まったなwwwwwwww
(イミフwwwうはwwwwおkwwww  より)

仮にもテニス漫画で「伏せろ〜」って……
通常スポーツ漫画でそんなセリフが出てくるのは、いきなり戦争が始まったとかテロに巻き込まれたとか、それくらしか思いつかないのだが…

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 03:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画

2007年03月28日

「どろろ」冒険王版設定漫画

用事の帰りに三川の戸田書店にて色々購入。
シグルイとジャイアントロボだけ買ってサクッと帰る筈だったのに、ついつい毎回予定外のものを買ってしまう。戸田に行くといっつもそうだな…

そして肝心かなめのシグルイ8巻は売り切れだし。
ジャスコの本屋でも売切れだし。もっと仕入れて担当者さん。

でもまー、発売一週間後って、まだ増刷かかるわけでもなし、一番買いっぱぐれやすい時期でもあるな。というわけでそちらはネットで注文。

*「手塚治虫 原画の秘密」手塚プロダクション編
 (新潮社 とんぼの本シリーズ)

単なる「漫画の原画はこうなってます!」みたいな内容かと思って手に取ったら意外にディープ(切り張りの跡を透過したりとか)で、単行本未収録原稿などについても言及が多かったので購入。
何しろ単行本にしたり、版を換えるときに切りまくり変えまくりの作家だからネタは尽きないのだろう…

中でも目を引いたのは、「どろろ」冒険王連載時の、後の単行本収録時にはオミットされた設定(当然単行本では数ページがすっぱりとなかったことになっている)だ。

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 21:56 | Comment(3) | TrackBack(0) | 漫画

2007年03月23日

まだやるか…漫画

槙原「証拠出せ」松本零士氏訴える

 槙原と松本氏の盗作問題が、法廷闘争に持ち込まれた。槙原はこのほど、松本氏に盗作した証拠の提出を求める「著作権侵害不存在確認等請求」の訴えを東京地裁に提出した。証拠が示されなかった場合、仕事上のダメージを受けたとして、2200万円の損害賠償を求めるとしている。来週、第1回口頭弁論が予定されている。槙原の所属事務所は「代理人に任せているのでコメントできない」と話している。

 盗作騒動が起こったのは昨年秋。松本氏が、槙原作詞・作曲の曲「約束の場所」(歌はケミストリー)の歌詞の一部が「『銀河鉄道999』のセリフの無断使用」として、槙原に謝罪を求めたことから始まった。問題の歌詞は「夢は時間を裏切らない 時間も夢を決して裏切らない」。松本氏は「銀河鉄道−」の「時間は夢を裏切らない 夢も時間を裏切ってはならない」のセリフを盗作したとマスコミに対して主張した。「ここ10年、私の講演テーマとして何度も若者に語りかけた言葉」として、槙原がセリフを知らないはずがないとした。

 これに対し、槙原は盗作を完全否定した。自分の公式ホームページで「『銀河鉄道−』を個人的な好みから1度も読んだことがない。盗作の汚名を着せられた」と訴えた。騒動でCM放送休止のダメージも受け、逆に松本氏に「謝ってほしい」とした。


結局法廷に出ることになったのか…
松本側の言い分があまりに電波なだけに、多少は分がある主張かとは思うが、何しろ土俵が違っているので、「盗作の証拠を」と言っても、「楽曲対楽曲、画面対画面」のように明確な比較検証も難しいだろう。
争点は「自分がそのフレーズを知っていて盗作したという事実を証明しろ」だからな〜…
要するに松本零士に頭下げさせないと気がすまないというところなのだろうけど、水掛け論に終始する以外の展開が思いつかない。

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 21:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画

2007年03月17日

シグルイアニメ化(真偽未確認)漫画

sigurui新装版「覚悟のススメ」(3/20)に折り込まれるリーフレットの中に、「7月アニメ放映開始」という文言が入っているらしい。
(情報源:最後通牒掲示板 ほか)

実現するとして、不安の方が大きいような…
モツや血や断面は勿論として、ぬふぅとかちゅぱとかうどん玉とか…あと虎眼先生の指とか大丈夫か?
変にぼかしたりするくらいならアニメにしてほしくないなー。

真偽の気になる方は、店頭で確かめてみてください…
RED5月号あたりで何か情報が出るかな?



続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 00:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画

2007年03月13日

済美を越える校歌漫画

トンデモ校歌といえば、「受信ゆんゆん」を初めとする宗左近大先生の一連の作品に決まっているのだが、なかなか夏の甲子園やセンバツでお目にかかれないのが難点だ。

「男どアホウ甲子園」で、主人公・藤村甲子園とその仲間達(「丸い地球がボールに見える」という幻覚を共有する方々)がたびたび口ずさむ歌がある。
「ダンチョネ節」のバリエーションの一つといっていいのだろうが、こんな歌詞だ。

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 01:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画

2007年03月12日

テニヌ地獄で男を磨け漫画

若干タイトルを前回エントリと変えてみました。

「氷のエンペラー」はまだ、試合直前の様子だったが、こちらはガチで試合中。

越前VS白菜(阿久津)戦(通称「有機VS人参」)
(YouTube動画)

試合中にラケットを喉元に突きつけるわ、胸倉を掴むわ、これは審判の判断しだいでいつ没収試合になってもおかしくないな
中学生同士の試合で相手を「小僧」と罵るのもポイント高い。

それはそれとして、歌唱力に定評のある越前と白菜の掛け合いなものだから、もうエラいことに。
比較的喉のマシな跡部のあとにこれを聞くと、青学と山吹の学芸会指数の高さを改めて実感せざるを得ない。学芸会に失礼か。
posted by 大道寺零(管理人) at 13:01 | Comment(4) | TrackBack(0) | 漫画
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。