2005年04月13日

ゆで卵料理

昨日、夕食をとりながら見ていた「伊藤家の食卓」で、「時間短縮ゆで卵ウラワザ」が紹介されていた。通常であれば、水に卵を入れて、沸騰したら中火で12分程度…がかたゆで卵のスタンダードな製法なのだが、紹介されていたのは

1.鍋(材質は何でもOK)に、作りたい数だけの卵と、お玉一杯の水を入れる

2.蓋をして、中火で6分

3.火からおろし、蓋をしたまま7分蒸らして出来上がり。水に入れて冷やし、皮をむく。

という、時間も手間も、ついでに水までも節約できてしまう方法だった。

蒸らしを利用するというのはまあ分かるとして、問題は2の工程。
何しろ水がたったお玉1杯分。絶対空炊きしてしまいそうなのだが、大丈夫らしい。

あまりにインパクトが強かったので、飯を食う傍ら、実際に作って実験してみる。
・卵3個
・鍋は20cmの、ごく普通のアルミ両手鍋。
・大きめのお玉に一つ分の水
結果。
本当に空焚きになっていない(小量のお湯が残っていたほど)。
火が少し弱めだったのか、白身が通常のゆで卵より少し柔らかめ、黄身は少しだけ中央がとろり加減(このくらいが好みだが)。皮はとてもむきやすい。味は問題なし。
火の強さを把握してしまえば、いつでもベストのゆで卵が作れる。
途中鍋を揺するわけにも行かないので、黄身はどうしても偏ってしまうが、その他は全く問題なくゆで卵だ。
朝の忙しい時間などには、鍋かけっぱなしで済むし、蒸らしの間に他の作業もできるので、これはいいかも。

ちなみに、蒸らしの時間を3分にしてすぐに冷やせば、半熟卵だそうな。
posted by 大道寺零(管理人) at 01:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 料理

2005年04月11日

上新粉のバナナケーキ料理

数ヶ月前、普段は見ていない「生活ほっとモーニング」を、なぜか付けたままにしていた。
その日の特集は「米粉活用術」。うるち米の粉・上新粉を使ったシチューとケーキを紹介していた。
そのアップルケーキの作り方(リンク先ページの下半分にレシピあり)があまりに簡単で度肝を抜かれた。
料理はそれなりに手間のかかるものも面白がってやるのだが、お菓子となると、どうにも計量がおっくうで(普段は計量というものをしないので…)、あまり作らない私だ。しかしこの単純な作業はなんだ。目を奪われた。
数日後、上新粉(この後数日、スーパーから上新粉が軒並み姿を消していて、入手が大変だった。反響があったのだろう)とケーキ型を買ってチャレンジ。

「ケーキを作る」といえば、まずは
●粉をふるう
●卵・バター・砂糖を丹念に泡立てる

という手順が頭に浮ぶが、これが全然いらないのだ。番組では泡立て器もあまり使わず、基本的にヘラ一本で生地を作っていたような記憶がある。
しかも、リンゴのお菓子なら
●リンゴを煮たりして甘味を付け、水気を調整する(アップルパイなど)
作業が必要な印象もあるが、これも不要。ただ切って混ぜて型に流すだけだ。

レシピで紹介されている量は21cm型のものだ。
いくらなんでも粉くらいは量ろうと真面目にやってみた。
すると、ちょうど
●上新粉カップ1.5=200gの袋一つ分
●ベーキングパウダー小さじ2=5gの小袋一つ分

であることが判明。つまり、この容量のパッケージであれば、粉の計量すらいらないということだ。すごすぎる。

生地を用意する間に、ちょうどオーブンの余熱完了。あとは焼くだけ。
どこか半信半疑で作ってみたら、実にうまそうに焼けている。
スポンジケーキのようなふわふわ系ではなく、表面サクサク中しっとりの、重めの食感。切って入れただけのリンゴも、甘味が充分に出ているし、果汁と生地が混ざった部分の感触がアクセントになっていて、きちんと美味かった。カッコつけて言えば「カントリータイプ」か。恐るべし上新粉。

bananacake.jpg
今回は、果物をバナナ2本に替えて作ってみた。
生地の焼け具合や味は前回と変わらず、焼きながら糖分が照り出しているバナナもよさげなのだが、食べてみると肝心のバナナ部分がイマイチかも…軍配はやはりリンゴのほうかもしれない。
果物だけでなく、ナッツやドライフルーツ、チョコチップや抹茶なども面白そうなので、性懲りもなくまた作ると思う。

出演者がみんな、「お米の粉でも作れるんですね〜」と感動していたわけだが、それに対して、先生が「西洋には小麦粉はあるけどお米の粉がなかったというだけ、小麦粉じゃないとケーキができないわけじゃないんですよ〜」「粉ふるいをしなければ美味しいケーキにならないというのも、小麦粉がダマになる性質を持っているから。上新粉は粒子が細かくてサラサラだから、そのままで問題ない」と答えていたのが印象的だった。
以下、自分の体験を交えつつ、レシピをまとめてみる。続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 00:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 料理

2005年04月08日

ごはん雑感料理

4月から相方の勤務先が変わり、通勤時間が短縮され、朝の行動にも余裕が生まれた。
これまでは、「できる限り寝る」+「車中でパンとかおにぎり」+「昼は安くて栄養バランスの取れた仕出し弁当」というサイクルだった(特に昼、自作やコンビニ弁当よりもローコストで、温かくて色々あ入っている仕出しを使えるのはありがたいようであった)。家で朝食をとれるようになり、しかも新しい職場では、出前は取れるが前のような仕出しはない…
ということで、今週はなんとか寝坊もせずに、リクエストされたおにぎりを作って持たせることができた。
おかずも持たせようかと思ったのだが、多忙な現場なので「いざとなれば片手で食えるおにぎりのほうがいい」というリクエストだったので、それに応えてみる。こちらも時間に余裕が生まれているので、苦になる手間でもない。
中に入れるネタやら海苔やらをそろえて、中身の違う大きめのを2個。
毎日のことなので、飽きさせないようにと、レシピなどを検索してみるといろいろあって参考になる。
いずれそのうち、こっぱずかしくて人前ではとても開けないような、「マンガに出てくるような愛妻弁当(文字とかハートとかデンブで書いてあるやつ。実際に作る人いるんだろうか?)」をお見舞いしてやろうかという野望を持っているのだが…激しくメンドウくさそう…
ノリを細く切って並べて字を書くとか、想像しただけで「プラモのランナーあぶって伸ばすよりメンドじゃないのか」とか、そういう着想する女には、死んでもそういう「オトメ弁当」は作れそうにもないけれど。

検索していて、これはなかなか…とブックマークに加えたのが、「食育大事典」。
「食育」なんて言葉を使って、一件ちょっとお堅いイメージ。
実際、レシピの華やかさや奇抜さよりも、健康と栄養学的な視点で全体が成り立っている。だがかえって、季節感もバリエーションもあって面白い。
レシピの紹介にも、「塩分やカロリーを抑えたい場合」のワンポイントアドバイス(量の調整や食材の置換など)が付いている。
この手のレシピサイトに付き物の「食材ごとの索引」だけでなく、「体調の悩みごとのインデックス」「摂取したい栄養素ごとのインデックスと説明」がついているのも特徴。
リンクなど、まだ構築中の箇所もあるようだが、試してみたいレシピが色々あっていい感じだ。

今日は美味しそうなイワシを見つけたので塩焼きに。折菜のおひたしに、なめことえのきのなめたけ煮、巨大なタコ頭(義父が買ってきてくれた)をゆでたものを添える。相方の飲み会送迎があるので飲めないのが実に酷、ってメニューである。
実家の父は青魚が大好きで、子供の頃はやっぱり肉とか揚げ物とかが好きだったものだから「ナゼにオヤジさんはこんなに生臭好きなんだろう」と、ちょっとイヤに思うともあった。
しかし気が付けば、イキのいい青魚を見れば買わずにはおれず、アラを見れば煮ずにはおれず、りっぱなイカを見れば塩辛を作って食らう人間になっていたのには、我ながら驚かされる。
時折実家に行って夕食を作る時、父に食べたいものを聞くと、「ブリ大根やサバ味噌」のリクエストが帰ってくる。その折、「母や兄はこの手の味があまり好きじゃないみたいで、あまり食卓にのぼらない」という言葉を聞き、幼い頃は不快にすら思っていた父の好みを、私一人が受け継いだという事を知って、親子であまり使う言葉ではないかもしれないが、「縁」を再確認したのだった。
単に魚食いの男と付き合って結婚し、海辺の町に移り住み、そして何より私がノンベだというだけかもしれないが…って、最期のもやっぱり遺伝か。
posted by 大道寺零(管理人) at 22:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 料理
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。