2007年12月13日

セキュリティソフトをどうすべかPC関連覚書

ウイルス対策ソフトの実力診断(1)
同(2)
同(3)
同(4)(日経BP)

そろそろセキュリティソフトの使用期限が切れるので、この手の情報を色々集めにかかっている。
トレンドマイクロのウィルスバスター2006の使用期限が来年1月末、そもそもその前にアップデートサービス終了が今年いっぱい。
あえて2007にしていなかったのは、ネット上で「クソ重くなった」「妙な不具合が出すぎ」という酷い評判を聞いていて、「2007はやめといて、2008まで待つか」と判断したからなのだが、現在の評価だと、
「2008の重さと不具合は2007の比ではない」

というユーザーの怨嗟の声が満ち満ちており(しかもまだ修正的なパッチは来ていないようだし)、積極的に乗り換えを考えるべきときに来たようだ。
1パック3ユーザーまでインストールできるようになったのはいいけれど、これではなあ…
パターンファイルの更新が終わる以上、ライセンス更新しても意味がない(そもそもライセンス更新料が3000円→4725円って値上げしすぎだろ…普通にパッケージ買うのと大差ないコストじゃないか…)し。

セキュリティソフトは、同じメーカーでも年度によって傑作だったり「入れないほうがよっぽどイイ」レベルの大駄作だったりするので、できるだけ使用者評判や情報を集めてから購入したいのだが、2chのソフトウェア板とかネットワークセキュリティ板を見ていると、どのソフトもダメに見えてきて買う気が失せるから困る。一番生の声が聞ける場所ではあるのだが。

雑誌やニュースサイトの比較記事では検出率やスキャン速度が主眼になっているが、勿論それが最大命題ではあるものの、ここ近年のユーザーの選択ポイントはそこよりも、「動作にトラブルがないこと」「接続速度が重くならないか」「メモリやCPUパワーをバカ食いしたり、OSや他のソフトまで巻き込んだ不具合を起こさないか」という部分に移行しつつあるので、もうちょっとその方面に突っ込んだレビューがほしいところだ。
スキャン速度については、就寝中や家事の合間にやっつけているのであまり気にならないし…
続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 14:02 | Comment(3) | TrackBack(0) | PC関連覚書

2007年12月11日

Excelの余計なお世話を解消するPC関連覚書

昨晩、テストの採点+点数入力作業を家でやっていた相方が、
「設定してもいないセルに、他の部分の条件付き書式が勝手に適用されるのが面倒くせえ!」
と半ギレになりかかっていたので、この方法で解決。

データを入力すると“勝手な書式”が設定されるのはなぜ?(日経PC21)

ちなみに相方のExcelバージョンは2003。この機能は2000から付いている。

対処法は簡単で、
・メニューバーの「ツール」⇒「オプション」
  ・「編集」タブ
    ⇒「リスト形式および数式を自動拡張する」チェックボックスをオフ


にすれば今後はOK。

この項目はデフォルトでONになっていて、直前の5行(5列)のうち、最低3行(3列)に同じ書式や数式が設定されていると、書式のみならず、数式までもオートで適用されてしまう。
勿論ユーザーの利便性を考え、「よかれと思って」してくれる動作で、例えばこんなときには役に立たないでもない。


続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 10:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連覚書

2007年11月13日

動画編集に今のところ使っているソフト類PC関連覚書

ムービーメーカー以外のツールを併用しての動画編集を始めてまだ1週間足らずなのだが、いくつか試してみた使用感など。
全てフリーウェア。

(フリーウェアの導入は自己責任で。できるだけ最新のバージョン、あるいは作者が推奨するバージョンを選ぶようにしてください。
 紹介の記述はごく簡単なもので、操作の実際は、環境やOSに大きく左右されたりすることもあります。またコーデック類については特に書いていないので、参考記事や公式・配布サイト等を熟読してください。)



続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 10:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | PC関連覚書

2007年07月27日

額に輝くVとVPC関連覚書

手を変え品を変えやって来るマルウェアへの偽装誘導工作の中には、「緊急のセキュリティホールが発見されそれを急いで塞いだのでアップデートパッチを当てろ」とメールなどで嘘の情報を送り、「WindowsUpdateの実行」と称したリンクを踏ませると実はその先が…という種類のものがある。(そもそもMicrosoft社は、メールでユーザーにセキュリティ警告を呼びかけるということ自体していない)で、その種の手口に使われそうなドメインが取得されたので、今後注意を…とトレンドマイクロ社が注意を喚起しているという。

そのドメインの名は、

vvindowsupdate.com

先頭の赤文字を見ていただければお分かりの通り

windows」(頭文字W)
ではなく
vvindows」(冒頭はV+V

なのだ。

もし本当に詐欺的誘導が目的ならば、いくらなんでもこれはモロバレすぎるだろ…と思うのだが、ド初心者は釣られてしまったりするのだろうか…このドメインがジョークサイト用に使われるのならけっこう痛快なんだけど。

(本当のウィンドウズアップデート用のURLは
 「http://www.update.microsoft.com」です。
 不審なメールやリンクに「怪しい!」と思った場合はリンク先のURLに注意し、慎重にチェックしてみてください。)

参考記事:「VVindows Update」にご用心(ITmedia エンタープライズ)


posted by 大道寺零(管理人) at 01:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連覚書

2007年07月04日

お初にお目にかかりますPC関連覚書

義父から頼まれた英単語の調べものをするため色々検索していて、とある検索結果のページを開いたところ、偽装セキュリティウェアのウィンドウが立ち上がった。
(一応義父の名誉のために付け加えておくと別にアダルトな単語でもなんでもなく地名の固有名詞だったんだが)

こういうものがあるとは知っていたので別にひっかかりはしなかったのだが…
コレだった。
日本語のUIを持つ詐欺的セキュリティソフト「DriveCleaner」(インプレス インターネットwatch)

ページを開くと同時に出てきたウィンドウがコレなのだが、なんとも不自由な日本語なので、迷わずに閉じられるのがありがたい。
しかしあまりに文言が素晴らしすぎるので思わずスクリーンショットを撮ってしまった。



続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 13:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連覚書

2007年06月27日

+Lhacaをお使いの方へPC関連覚書

圧縮・解凍の定番ソフト「+Lhaca」に先日脆弱性を突いたマルウェアファイルが発見され、早速穴をふさいだ最新版がリリースされています。
同ソフトをご使用中の方は、下の記事などを参考にアップデートなさるのがよろしいかと。老婆心まで。

脆弱性を修正した+Lhacaがリリース(ITmedia エンタープライズ)

posted by 大道寺零(管理人) at 13:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連覚書

2007年05月27日

リテラシーなき者にハンマーを任せるなPC関連覚書

(Yahoo!ニュース - 毎日新聞 -)
「音楽保存サービス ストレージ利用は著作権侵害 東京地裁」


 インターネット上にデータを保存する「ストレージ」を利用し、ユーザーが自分のCDなどの音楽データを保存、いつでも携帯電話にダウンロードして聴けるサービスの提供が著作権侵害に当たるかどうかが争われた訴訟の判決で、東京地裁(高部真規子裁判長)は25日、著作権侵害に当たるとの判断を示した。

 問題のサービスは、情報通信会社「イメージシティ」(東京都台東区)が05年11月から始めた「MYUTA」。ユーザーは音楽データをパソコンから同社のサーバーに保存し、携帯電話へのダウンロードはユーザー本人しかできない。
 このサービスに対し、日本音楽著作権協会(JASRAC)は著作権侵害だと指摘。同社はサービスを中止したうえで、同協会を相手に著作権侵害に当たらないことの確認を求めて提訴していた。
 訴訟で同社は「実質的にデータ複製や送信をするのはユーザー自身。不特定多数への送信はしておらず、著作権は侵害しない」と主張したが、判決は「システムの中枢になるサーバーは同社が所有、管理しており、同社にとってユーザーは不特定の者。複製と公衆(不特定多数)への送信の行為主体は同社だ」と判断。協会の許諾を受けない限り、著作権を侵害すると認定した。【北村和巳】


…何じゃコレ????
サービス内容と判決の赤字部分が全然噛み合っていない…というかストレージというサービス自体を明らかに裁判官が理解できていないんじゃないの???
ストレージサービスには、パスを教えたユーザーなら誰でもダウンロードできるものもあるけど、これは本人と認証されたユーザーしか使えないのだから、「個人利用」の範疇じゃないのか??

……と思ってたらこの高部真規子裁判長って、「一太郎裁判」において、歴史的なバカ判決出した(その後ジャストシステムは高裁において逆転判決)人だよ……
参考:「一太郎」判決の衝撃 (1/2)(ITmediaニュース)」

この地裁判決が出たときは、「この裁判長って無知かバカかどっちかじゃないの?」と真剣に思ったものだが…やっぱそうだったか…


続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 08:31 | Comment(3) | TrackBack(0) | PC関連覚書

2007年05月15日

USBから感染するワームPC関連覚書

ウィルスとは言っても、これは随分とイヤガラセに特化したものだ…


FirefoxやYouTubeを狙うUSBワーム登場(ITmedia エンタープライズ)

 USBメモリなどの外部接続ストレージを介して感染するワームに、Firefox、Orkut、YouTubeをターゲットにする亜種が登場した。セキュリティ企業FaceTime Communicationsの研究者が報告した。

 このワームは最初のUSBワームと同様に、外部メモリからPCに感染する。ユーザーが感染ファイルをダブルクリックして実行してしまうと、 Firefoxを起動しようとした時に「Internet Explorerを使いたまえ、間抜け君」といったメッセージが表示され、Firefoxは自動的に閉じてしまう。


何そのイヤがらせ。
逆ならまだしも。(利用者が、ではなくブラウザで言えば、どう見てもIE7のほうがダントツで間抜けだと思うが…)

 またこのワームに感染した後で、Internet Explorer(IE)でソーシャルネットワーキングサービス(SNS)のOrkutを開こうとすると、「Orkutは禁止されている」というメッセージが表示されて「ムハハハハ」という笑い声が流れ、アクセスが遮断される。動作共有サイトYouTubeにアクセスしようとしても同様のことが起きる。


ここのところ、USBメモリなどの外部ストレージメディアを通じて感染するワームが多いので、誰のものか分からないUSBメモリをうかつに刺したりしないように気をつけたいものだ。

関連:拾ったUSBメモリは不用意につながない――外部接続デバイスを狙うワームも(IT mediaエンタープライズ)
posted by 大道寺零(管理人) at 16:10 | Comment(0) | TrackBack(5) | PC関連覚書

2007年05月12日

本命気取りの勘違い野郎と別れる方法PC関連覚書

これから書くのは、ある寓話です。
本題だけ読みたい方は追記部分にお進みください。

T子は私の仕事仲間で、同時に頼れる親友でもある。
でも私の悩みは、T子の兄のQ夫。
初めてT子に会った時、なぜかQ夫もくっついて来た。
T子とQ夫は共同経営者だけど、私とT子の仕事には、Q夫は直接関係していない。
初対面なのにやたらと自分をアピールしてきて、私の仕事や個人的なことまで関わろうとして色々聞いてくる。勿論無視したのだけど。
Q夫は別にキモメンとか、仕事が出来ない男性ではないみたい。第一印象はまあ普通。でもその後が最悪だった。
Q夫は自分の業種で私と提携したいみたいだった。
でもその方面では、ずっと前から業務提携しているパートナーがいるので、Q夫に乗り換える気も、その必要もない。
数ある企業の中から厳選したパートナー会社、その担当者は私の彼氏でもある。
なのに、彼と仕事の打ち合わせをしようとすると、どういうわけかQ夫が必ず先回りして、「僕のところでお願いします」としゃしゃり出てくる。何度かお情けで使ってやったけど、やっぱり彼のように阿吽の呼吸とは行かないし、どこか相性が合わない。
はっきり断っているのに、それでも必ず仕事場に現れる。
しまいには彼に逢いたいだけなのに、ストーカーのように待ち合わせ場所に出現し、恋人気取り。勘違いもいいところだ。

T子と仕事の話をしたり、契約更改の手続きをする時にも必ず現れて、また本命気取りでついてくる。
私はT子との用事はあるけど、Q夫には全然用事はないのに。もうウンザリ。
Q夫が孤独な男ってわけじゃなく、家族企業のM美という前からの恋人がちゃんといるのだ。だったらそっちとの恋愛に専念すればいいのに、どうして私にちょっかいをかけてくるんだろう?
最初は好きでも嫌いでもなかったけど、「本命に取って代わろう」「俺にしてよ」と無理矢理ねじ込んでくる、その自己主張が過剰だから、今じゃもう顔も見たくないのよね!
あーあ、T子もT子で、Q夫を同伴しないで、一人で仕事場に来てくれないかな〜…


続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 03:30 | Comment(3) | TrackBack(0) | PC関連覚書

2007年04月29日

再生動画のスクリーンショットPC関連覚書

メディアプレーヤーなどで動画を再生〜一時停止した状態で、キーボードの「PrintScreen」でスクリーンショットを取得⇒加工したい場合

通常、画像処理ソフトなどに貼り付けた際、本来動画が表示されていた領域が黒く表示されたり、切り取り加工が出来ないことがある。
(XPにする以前は、メディアプレーヤー上ならキャプチャ可能だったのだが、アップグレードしたらできなくなってた)

この場合、

「スタート」メニュー⇒「ファイル名を指定して実行」
 ↓
dxdiag』と入力して「OK」ボタン
  ⇒DirectX診断ツールが起動
 ↓
「ディスプレイ」タブ
  ⇒「DirectXの機能」の「DirectDrowアクセラレータ」の項目の横にある「無効」ボタンをクリック。


この画面を閉じてプレイヤーソフトを再起動すればキャプチャや加工が出来るようになる。

しかし、DirectDrowアクセラレータを無効にすることで、ゲームなどの動作に影響を及ぼすことがある諸刃の剣。(実際、ROは起動できなくなってしまったので結局元に戻した)

…これは素直に、フリーソフトでも入れたほうがよさそうだわ…
特にゲームとかやらん方には便利な設定だと思う。
posted by 大道寺零(管理人) at 18:12 | Comment(2) | TrackBack(1) | PC関連覚書

Seesaaブログで過去ログ(月別ログ)部分をプルダウンにするPC関連覚書

先日旧ブログのログを統合したら、さすがに月別過去ログの部分が長〜〜くなってしまったので、以前よりやろうやろうと思っていたプルダウン化を行い、すっきりさせようと試みた。

<作業後イメージ>
pulldown.jpg
ソース変更は、↓の記事を参考にさせていただいた。ありがとうございます。

「過去ログをコンボボックス化」( 「特に個性の無いブログ」より)
続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 17:17 | Comment(2) | TrackBack(1) | PC関連覚書

2007年04月28日

ScribeFireをSeesaaブログで使うPC関連覚書

ScribeFireは、Blogを投稿する際に、管理画面に移動・ログインする必要なく、ブラウザ上で手軽に行うことのできるアドオン(Firefox限定)。
実際にインストールしてみたが、動作も軽く、不満点もいくつかあるけれどなかなか便利だ。

<公式の入手先(英語版)>
「ScribeFire - Fire up your Blogging」

<日本語版入手先>


「ふと今日は・・・・・・」より
  「ScribeFire(以前 Performancing と呼ばれていたもの) 日本語化」


今回は↑の日本語版を使わせていただいた。

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 15:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連覚書

2007年04月27日

記事タイトル部分の背景ダブりを解消PC関連覚書

一個前とその前のテンプレートも同様だったのだが、

エントリー記事ごとのタイトルの背景がちょっと寂しいので、サイドメニューの項目と同じ画像ファイルをバックグラウンドに設定した場合、
なぜか同じ背景ファイルが少しズレて2回繰り返し表示になる
(例↓)
画像の左側がズレてダブっている

(解消して↓のようにしたいという話)
ダブリで生じた白い部分がない

のだが、この部分のクラスである「title」をいくらいじってもうまくいかないので密かに気にしていた。

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 20:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連覚書

2007年04月14日

IPで住所が割れる(らしいよ?)PC関連覚書

IPアドレスから住所を割り出して地図表示するサービスいろいろ (GIGAZINE)

インターネットにまだブロードバンドという言葉がなく、みんながダイヤルアップでテレホーダイを駆使していた時代、「IPアドレスがバレると住所・氏名・電話番号まで判明する」というスーパーハッカー伝説がまことしやかにささやかれていたわけですが、米国家安全保障局(NSA)が本当にIPアドレスから住所を特定する技術の特許を持っていたことが判明しています


上記リンクページで、「IPアドレスを辿って、その所在地をMAPで示す」というサービスがいくつか紹介されている。

この中から「My IP Address Lookup and IP Address Locator」を試してみた。
アクセスすると最初はアクセスした本人のIP情報を読み取り、ブラウザ情報やリファラ、所在地情報を示す。(任意のIPを入力してサーチすることも出来る)
のだが、山形県酒田市から閲覧している私の所在地は、随分と遠い中部地方の某県となっていた。おそらく中継ルータの所在地を拾っているのだろう。
というわけで、(少なくともWeb上で提供されているサービスの精度レベルは)現時点では参考程度にしかならなさそうだ。(NSAの所有する特許技術がどんなもんかはまた別物でしょう)

posted by 大道寺零(管理人) at 10:34 | Comment(4) | TrackBack(0) | PC関連覚書

2007年04月11日

マルチドライブトラブルPC関連覚書

ライティングソフトを使ってファイルをCD-Rに焼こうとしてトラブル発生。

*ドライブ:Panasonic LF-M621(マルチドライブ)
*ライティングソフト:B's Recorder GOLD 5(上記ドライブ購入時に付属してきたもの)


●ライティングソフトを起動したが、マルチドライブを認識しない。
●マイコンピュータを開いてみたら、そっちでもドライブを認識していない。(CD/DVDドライブのアイコン自体が出ない)
●デバイスマネージャで確認すると、「!」マークが付き、
『レジストリが壊れている可能性があります。(コード 19)』

と表示されている。

*先ほどまでドライブは通常通り認識され、再生等で使用していた。
*先日OSをXPに載せ変えてからライティングソフトを起動するのはこれが初めて。

同様の症状を見た方が検索の足しになるよう、解決策を以下にメモ。

注:デバイスマネージャ上のエラーメッセージが
・必要なドライバを読み込めないため、このデバイスは正しく動作していせん(コード 31)
・このデバイスのドライバは必要でないため、無効になっています。 (コード 32 または コード 31または39)

となっている場合も同様の手順で解決できるはず。
続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 00:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連覚書

2007年03月30日

Windowsのアニメーションカーソル処理に脆弱性PC関連覚書

Windowsに深刻な脆弱性、ゼロデイ攻撃も発生(ITmedia エンタープライズ)


 Microsoftによると、脆弱性はWindowsがアニメーションカーソルファイル(.ani)を処理する方法に存在する。細工を施した Webページをユーザーが訪れたり、細工を施した電子メールのプレビューや閲覧、添付ファイルの展開によって、攻撃コードが実行される恐れがある。

 脆弱性が存在するのはWindows VistaとWindows XP SP2、Windows 2000 SP4、Windows Server 2003/SP1。この問題を悪用したターゲット型攻撃も報告されている。Microsoftは調査を完了した時点で、月例セキュリティアップデートまたは臨時アップデートで対処する方針。

 同社によれば、Windows VistaでInternet Explorer(IE)7を使っている場合は、IE 7の保護モードにより、現在報告されているWebベースの攻撃からは守られる。また、Outlook 2002以降またはOutlook Express 6 SP1以降のバージョンを使っている場合、電子メールをテキスト形式で読めば、HTMLプレビュー攻撃から身を守る一助になると説明している。

 この問題を指摘したセキュリティソフトメーカーのMcAfeeは、完全にパッチを当てたWindows XP SP2で動作するIE 6と7で脆弱性を確認したと報告。Windows XPとSP1、Firefox 2.0は影響を受けないようだという。


Firefox使っててよかった………
セキュリティパッチが当たるまで不安な方は一度体験してみるのはいかがでしょ?
http://www.mozilla-japan.org/products/firefox/
posted by 大道寺零(管理人) at 21:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連覚書

2007年03月22日

YouTubeにてトロイ注意PC関連覚書

ウイルス作者が次に狙うはYouTube?(ITmedia エンタープライズ)

 同社は最近、YouTubeにトロイの木馬「TROJ_ZLOB.CVK」がアップロードされたという報告を受け取ったという。このトロイの木馬はほかのZLOBの亜種と同様、ビデオファイルの再生に必要なコーデックを装う。このトロイの木馬に感染したシステムはDNSサーバの設定を変えられ、ユーザーをほかのサイトにリダイレクトする。

 このトロイの木馬はビデオの再生にはコーデックが必要だと主張するが、YouTubeビデオはFlashビデオフォーマットを使っており、特別なコーデックは不要だとTrendLabsはアドバイスしている。


要するに、「この動画を見るにはコーデックや●●のインストールが必要」と促されても、それがFlashPlayer以外であれば無視、とにかく正体が分からないものはインストールしない…という基本姿勢さえ保てば今のところは心配ないようだ。
YouTubeは、最近騙しっぽい(YouTubeのインターフェイスに似せてある)バナーが増えて紛らしいんだよな〜。
posted by 大道寺零(管理人) at 15:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連覚書

2007年03月14日

僕らが求めたコロニーだPC関連覚書

カゼさんのmixi日記で知った。

もやしもんデスクトップ
(From「viewpoint」)

オリゼーたんを初めとする菌の皆さんと、防疫隊がモニタ上をゆらゆら右往左往する。
たまに群がって「かもすぞー」とときの声を挙げたりする。
(対応OS:Windows2000・XPのみ)



続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 12:26 | Comment(3) | TrackBack(0) | PC関連覚書

2007年03月12日

DELL製キーボードの謎PC関連覚書

DELLユーザー驚愕(イミフwwwうはwwwwおkwwww)

1 名前:ムーンベース[] 投稿日:2006/07/26(水) 17:54:56 ID:P9tzam8z0 ?BRZ
キーボードのカタカナのタの印字が夕(注:漢字の「夕(ゆう)」)な件


dellkey.jpg


私のPC・キーボードもDELL(ちなみにキーボードはタイ製)なので早速見てみると…

うわぁぁぁ本当だぁぁぁ

なんか明らかに「タ」がでっかく、「夕」に見える!


数年使って気づかなかった!
ちなみに相方のNEC製ノートパソコンのキーボード印字は、そもそもフォントから違っていて、明らかに「タ(た)」だった。
続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 10:06 | Comment(2) | TrackBack(0) | PC関連覚書

2007年03月11日

この場合テッテ的というのが正しい文法だPC関連覚書

この前も、ノートン先生がアプリケーションデータを全削除ということがあったが、よりによって自分の会社のメールデータを、自分の会社のセキュリティソフトが駆逐してしまった。汚物じゃないものも全部消毒。

マイクロソフトのアンチウイルスソフト、Outlookのメールを間違って全削除 (GIGAZINE)

この前はノートンがウイルスと誤認してデータを削除するというミスをしてしまいましたが、今度はマイクロソフトが新発売したアンチウイルスソフト「Windows Live OneCare」がOutlookのメールをすべて削除してしまうという事態が相次ぎ、マイクロソフトのフォーラムで大騒ぎになっています。
(略)

どうやらOutlookが受信したメールの中にウイルスが含まれていると通常は隔離処理を行うはずなのですが、何がどうなってしまうのかマイクロソフトいわく「特殊な状況」では、メールごと削除してしまうとのこと。しかもメールの入ったフォルダ(というかまとまった一連のファイル)を丸ごと削除してしまい、復旧不能になるケースが多発しており、利用者から怒りの声が相次いでいます。それだけならまだしも、マイクロソフト側の提示した復旧方法では確実に復旧できるとは言えず、さらに火に油を注ぐ結果になっています。


「自分でOSに穴を開けておいて、自分でセキュリティソフトを売る」というマッチポンプとも揶揄する声があったわけだが、マッチポンプにすらならないとは…
この件だけに限れば、さしずめ「ポンプで撒いたのが灯油だった」というところか。

「Windows Live OneCare」は、3つのPCで使えて5700円ちょいという安さ+キャッシュバックキャンペーンで話題となり、試用版やβ版が無償公開されていたこともあって、試していた人もちらほらといたようだ。
「動作が軽い」という評価がある反面、現段階では肝心の検出率に不安がある…という話を聞いていたが、とんでもない不安材料が出たなあこれは。

マイクロソフトのWindows Live OneCare 製品公式サイト内の「よくある質問」にはまだこの件は反映されていない。
また、画面右下の
「拡大中の脅威」
「脅威についてご存知ですか?」

の文言が激しく笑える。

今やソフトそのものが脅威と化しているというのに…



続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 12:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連覚書
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。