2007年05月05日

昭和15年の岩波文庫一般書籍

先日のエントリーでちょっと触れた「我が家で最古の岩波文庫」をしみじみ眺めていたらまた色々な発見があったので、いろいろ書いてみることにする。
15iwanami2.jpg

<基本データ>
(本来漢字の表記は全て旧字体だが、web上では色々面倒なので、便宜上新字を使うことにする)

書名:「孝経・曾子
訳註:武内義雄・坂本良太郎
番号:2352-2353
価格:四十銭=★★
総頁:178ページ

昭和十五年六月二十五日 印刷
昭和十五年七月二日   発行

精興社 印刷
三福  製本


基本レートである「100ページ=20銭」にほぼマッチした価格である。

番号が連番になっているのは、
孝経=2352
曾子=2353
というように、冊数ではなくて収録した原典に一つずつ番号をつけていたからだろうか。
続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 02:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般書籍

2007年05月02日

追憶の岩波文庫〜脅威のパラフィンバリアー一般書籍

記事を書くために、岩波文庫の「水滸伝」を久々に書庫から持ち出した。
私が持っている「水滸伝」1〜10巻は、中学だったか高校の時に年の離れた従兄から貰ったもので、大分古い。
何しろ奥付を見ると、「昭和46年」の重版のものだから、従兄ではなくて伯父が持っていて従兄にお下がりされたものかもしれない。

ご記憶の方もいらっしゃるだろうが、1980年代中盤くらいまで、岩波文庫といえば、「パラフィン紙のカバー」がアイデンティティの一つだった。
1970年代くらいには、大抵の文庫本は今と同じ

本体+紙カバー(+帯)

という体裁で流通していたが、岩波文庫だけは

本体+帯+パラフィン紙カバー


だった。

書店の棚では、パラフィン紙ごしに微妙にけぶった背表紙たちが、そのアカデミックな内容とあいまって、岩波文庫エリア独特の雰囲気をかもし出していたものだ。
あの独特のカサカサいう紙の質感と、どことなく心もとない感じがあって、岩波文庫はなぜか特に丁寧に扱わなければならない気がしていた。
(ついでに言えば、本の概要などが帯部分に書いてあるため、通常、他社文庫では新刊や宣伝アピールの意味しか持たない帯が岩波では重要な存在で、おいそれと捨てるわけには行かなかった。)

私の持っている何冊かの岩波文庫がやはり当時のもので、パラフィン紙のままずっと本棚に並べている。

さて、その「水滸伝」だが、年季が入っている(何しろ私の年齢とさほど変らない;)ものだから、当然パラフィン紙の色はコーヒーをこぼしたような茶色に変わっていた。というか、私の元に来た時にはすでにコンガリと焼けていたのだ。
「さすがに焼き色を増したよねえ」と思いつつパラフィン紙をめくってみて驚愕した。
パラフィン紙に包まれた本体の表紙は、ほとんど変色しておらず、まるで生娘のような初々しい色を保っていたのだ。
パラフィン紙パワー侮りがたし。

自分はこんなに茶色に焼けても、身を挺して本体の紙を守るその健気な自己犠牲精神に感動してしまった。例えるならば、インペリアルクロスの舳先の兵士。

実際に写真をごらんいただけば、その防御力は一目瞭然だろう。
続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 03:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般書籍

2007年05月01日

李逵(鉄牛)ってこんな奴一般書籍

OVA「ジャイアントロボ 地球が静止する日」には、横山キャラの中でも水滸伝からの出演が飛びぬけて多い。
肝心の親玉である宋江こそ登場しないものの、人気の定番キャラクターはわりと出てくる。
(私は武松大好きなので、今川監督が動かす武松が見れなかったのは残念なのだが…)
性格付けや、時には性別までも違っている例(揚志とか)もあるが、原設定の大まかな部分は引き継がれている部分も多い。
例えば、知多星・呉学人こと呉用先生の、「能書きたっぷり理論万全、でも肝心なところでウッカリしていて大失敗、『ああ〜私のせいで〜』と地団駄煩悶する」部分など、実に彼のチャームポイントをよく掴んでいるといえよう。
「水滸伝」好きなら、「電磁ネットワイヤー作戦」を見ていて、「あー、呉先生が自信満々ってことは失敗フラグだわ」と思いつつニヨニヨしていたことであろう。

鉄牛左なる御仁は、アニメに登場する鉄牛。デザインはほぼ横山水滸伝に登場する姿に準拠している。可愛いやつである。基本的に戴宗とコンビを組む「弟キャラ」で、尊敬するアニキも憧れの銀鈴も妙に大作ばっかり可愛がって気に食わなかったりもするけど、大作に頼られれば捨て置けなくて頑張っちゃう、純情な愛すべき男…として描かれている。一方で、「まだ幼い頃に父親を殺した」という過去もちらりと登場する。
怪力と、トレードマークの2丁の手斧を高速回転させて旋風を巻き起こす「黒旋風」が特殊能力。

彼を見たとき、さわりだけでも「水滸伝」を読んだ経験がある人間なら、そのあまりの穏当な設定に驚いたことだろう。


続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 21:30 | Comment(4) | TrackBack(2) | 一般書籍

2007年02月24日

Z・刻をこえて一般書籍

すごいファッション雑誌を見つけた。

昨年冬に創刊された「Z」。
「Z」と書いて「ジー」と読むこの雑誌。

キャッチフレーズは

青二才禁止!
55歳以上限定!!
人生最後のメンズファッション誌が創刊


じ…人生最後…って……


この雑誌的には、54歳までは「青二才」なのか…
青二才人生も思ったより長丁場で大変だ…

以前、「サルまん」で、「次に出すべき漫画雑誌は、シルバー世代をターゲットにしたものにすべし!」という話があったが、ファッション誌業界では既に実現していたのだ。

ジジイになるな。
Zになれ!


「Z」は、みんなに尊敬される
カッコイイ粋Z(いきジー)を
応援する
ファッション雑誌です。

だそうです。

「ズィー」ではないあたりに、55歳以上の限界を感じないでもない。


続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 01:16 | Comment(3) | TrackBack(0) | 一般書籍

2006年12月29日

サイボーグ009完結編―2012 009 conclusion GOD’S WAR (1) 石ノ森章太郎/小野寺丈一般書籍

度重なる出版情報(そして延期アフター延期)「ホントに出るのか」と半信半疑だったが、ついに出た。
著者クレジットは「石ノ森章太郎 小野寺丈」とあり、息子の名前があえて小さく記してある。

最初にこれを書いておかないと誤解を招くかもしれない。
これはマンガではなく「小説」だ。
別に石ノ森氏が亡くなったからその媒体を選んだわけではなく、最初から小説として発表する(正確にはその後漫画化の予定)心積もりで構成されていたと言う(「エピローグ」の記述がリアルに即したものであれば、「小説を書くことと監督として映画を作ることどが多忙のあまり果たせぬ二つの夢だった」らしい。監督という夢については実際何度もインタビューに現れているので、そのまま受け取ってもいいかもしれない)。

これは、リスペクトものやリメイクものではなく、完全なる「オリジナル著者による」「オリジナルの流れ」の中にある「正編の」009のストーリーである。
死の直前まで書き続けた、「009完結編への構想ノート」と、実際に語られた「完結編のあらすじ」を元に、実子である小野寺丈が小説化したものだ。

この「パラレルワールド」ではなくて「正編」であるという事実が、ただただありがたくもあり(何しろ待った。アンドレ風に言えば「十分すぎるほど待った」。)、そしてキツいところでもある。

正直、物語の設定、そしてキャラの設定変更など、特に昔からのファンには「辛い」ところも数々あるのだが、何しろコレが石ノ森章太郎の残した「正編」、ファンへの「回答」なのだから、黙って押し戴くほかはない。
そういう存在ゆえに、自分の中で「評価を下す」ことが難しい。というか、事実上「できない」と言ってもいいのかもしれない。3部作という構成であることも含めて…

以下、かなり景気よくネタバレなので、これから読む予定の方はくれぐれもご注意ください。


続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 05:15 | Comment(4) | TrackBack(0) | 一般書籍

2006年12月03日

「邪魅の雫」 京極夏彦一般書籍

発売日からそんなに置かずに買ったんだけどようやく読了。
いつも京極堂シリーズは、読み始めると一気に行ってしまうのだが、今回はなんかペースが進まず、途中で葬式があったりRO専念時期もあったにせよ、放置も入っちゃったりしたなあ。気付けば読了12月って。こんなの初めてなんだが。

「邪魅出るよ」という話題をmixiで見て、最初に思ったのは、「えっ、もう出るの?」だった。
前作「陰摩羅鬼」の刊行が2003年。3年待たせられれば普通は「やっと出る」が当たり前の感想なのだが、何しろその前が5年も開いておあずけ食らい続けたしかも今年こそは今年こそはと言われ続けた「出す出す詐欺」みたいな状態だった)もんだから、「どうせ次も5,6年くらいかかって出るんじゃない?」と思っていたのだ。
飼い慣らされるというのはげに恐ろしいものだ。
その上、発売日に「ゲットしました」「近所で見つからない」という書き込みを見ているうちに、
「実はまだ出てないけど、出たってデマが流れてるんじゃないだろうか」
「2ちゃんやブログやmixiで誰かが『買った』と書けば、本当は出てないのに『出ている』ことになってしまう。情報化社会の怖さだなあ」

とか、いらんことまで真剣に思ってしまう始末。
情報化社会より、私のイカレポンチな飼育されっぷりのほうがよっぽど怖いというものだ。

(以下、本編のネタバレチックな部分を含むので未読の方はご注意ください)
続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 02:16 | Comment(4) | TrackBack(0) | 一般書籍

2006年10月30日

酒とつまみ一般書籍

録り貯めしておいた「タモリ倶楽部」の「立ち飲み特集」で、「酒とつまみ」という雑誌を知った。

酒とつまみ…
「山と渓谷」みたいなネーミングだが、すごいインパクトと脱力が同時に襲ってくる。なんだろうこの愛しきひねりなさ。

検索すると公式サイト発見。
山形では扱っている書店がないようだ。Amazonでも一応取り扱いがある模様。
しまった。欲しい。
郵送費用はかかるが、定期購読するか?
しかし購読したが最後、相方のγ-GTPがうなぎ昇りになりそうな気もする。

最新号は、今年4月発行の8号なのだが、恒例のインタビュー記事が井筒監督。
タイトルが

チンチン腫れるまで飲んだ井筒和幸の酒

そ、そうですか…監督…腫れましたか…
というか、大酒がナニの腫れをもたらすと初めて知った。

さらに
本誌発行人・特別寄稿
なぎら健壱さんと飲むと何ゆえにワタシはションベンをもらすのか

って、知るかwwww

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 17:48 | Comment(5) | TrackBack(0) | 一般書籍

2006年10月15日

「あしたのジョーの方程式」 島本和彦(ササキバラ・ゴウ 編)一般書籍

マンガじゃなくて、あくまでも解説本。というか「解析本」と言うべきかな。
筋金入りのジョー好きとして知られている島本和彦が、「あしたのジョー」にちりばめられた謎、なんとなく「分かった気になっている」謎の真相に取り組み、解き明かすという内容。
最初、どれほど暑苦しい文章になるのかと覚悟して読んだが、ササキバラ氏による「聞き書き」に近いスタイルになっているので、意外なほど読みやすい。

この本では、「力石」と「あした」をキーワードにして、物語を読み込んでいく。
そして、「ジョーは肝心な相手との試合では勝っていないのはなぜか?」という謎、そこからあのラストシーンの語るものに迫っていくという構成になっている。

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 16:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般書籍
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。