2005年05月01日

金(より大事なもの)カエセヨー映画

鶴岡に、鈴井貴之氏の第3回監督作品「銀のエンゼル」上映会を観にいく。
前作「man-hole」「river」は、山形での上映はなかった。特に庄内は単館系のものには恵まれないので、「鈴井さんの映画はDVDで見る」しか手段がなかったので、今回1日(午前午後各1回)だけとはいえ、ホール上映が決まったのはとても嬉しかった。
相方も時間を確保してチケットを取り、グッズ販売もあるというので早めに会場へ。

客の入りは7分くらいか。中央の見やすい席をキープ。
映画はDVDやTV・BSで見ることが多いので、実は相方と映画デートするのは、長い付き合いだが今日が初めてだったりする。

結論から言うと、何が酷いって、画像があまりにひどかった。
冒頭部から、フォーカスが甘い。しかしそれでも最初のうちは、フィルムの味付け(あえてざらついた画面に作っているのか)かと思えなくもなかったが、中盤あたりからひどくなってきた。さすがに不自然、というよりも、「自分の目が突如どうにかなったのでは」とすら思えるほどだった。
普通は、「何かトラブルがあったら映写室のほうで調整してくれる」だろうと思うし、1回きり完全入れ替えの上映で、クレーム入れに外に出ようという気にもならない。時間が経つにつれ「いくら何でもオカシイ」という気分が強まる。
結局ストーリーは進むが画質は最悪(ボケボケ)のまま。
スタッフロールの文字もボヤボヤ。

と、突如、画面に

「レンズフォーカス調整」

という文字(明らかにメニュー操作状態)
が出現。
数秒操作があって、ここで初めて調整がなされたあげく、いきなり画像が鮮明に。
いや、鮮明というか、これが普通なのだけども。
これまでの全編、本来ならこんなにクリアに見えてたのか!金と時間を返せ!
という気分で、怒りが込み上げるより先にもう萎え萎え。

いい年をして若者っぽい言葉を使うのも気が引けるが、こんなに「ありえない」という言葉がしっくりくる状況は前代未聞だ。

あのなー、しがないPC講師の私ですら、講座がはじまる前にディスプレイの調整(フォーカスや大きさ、色合いなど)はちゃんと終わらせておくぞ。
映写室の中に入ったことがないのでよく分からないのだが、上映中は映像やフィルムが乱れたりする事を想定してずっとその場にいてチェックしているものではないんだろうか。寝てたのか。
会場は鶴岡市中央公民館、主宰はYTS。実際に映写に当たっていたのがどちらのスタッフかは分からないが、主催者側が一人でも中に入ってチェックに当たっていれば、もっと早い段階で連絡して調整させることができたんじゃないだろうか。金取ってやる仕事の内容とは思えない。
「DVDではなく、スクリーンで見れる」のを楽しみにして足を運んだのに、お粗末な映写が気になって映画に没入できなかった。
それよりも何よりも、鈴井監督はじめ、寒い中心血を注いでこの作品を作り上げたスタッフ・出演者を冒涜したのと同じことだ。映画を作ろうという人間が、一つ一つの映像に心を砕いてない筈はない。ボケた状態で90%以上を上映されたのを知ったら、さぞ悲しいことだろう。最低にも程がある。そんな体験だった。
流石に「金返せ」と言うクレーマーにまではなりたくないが、出口のスタッフに相方が「映像が酷かったですよ」と言ったところ、「すみませんでした」と言ってはくれたが、そういう事実があったことは知らなかった模様。それもどうかと。
流石に13:30の部では同じことは繰り返さないだろうと思いたいが…
5/3には山形で上映会があるのだが、そちらのほうもつつがなく上映されますように…

あまりに酷いことで、怒りというより失望が収まらず、YTSのサイトからメールで問い合わせしようと思ったのだが、アドレスは一応書いているものの、
「メールには返信しません、返事が欲しい人は電話で」
とか書いてるし…何なんだそりゃ…続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 21:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2005年04月14日

ぐろうりやのぜずさま映画

諸星大二郎の名作「生命の木」が、「黄泉」というタイトルで映画化されるそうな(「あけてくれ」を読んでて知った)。

んでこちら、「岩手日報」の記事より。
ロケ誘致を喜ぶ地元の様子が見て取れる。
話がどういう風にリライトされてるのかは知らないけど、基本的に、共同体的に後味の悪い話ではあるので、無邪気な反応を見ていると、お節介ながら心配になってくる。

>同町のPRにも一役買いそうだ。


……ぼ、ぼく知らない……

この話の稗田先生に同行する役は男の子なのだが、やはり絵的には女性のほうが華やかでいいのだろうな。どうせなら「栞」か「紙魚子」きぼん。
posted by 大道寺零(管理人) at 06:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2005年04月08日

あらすじの意味は良くわからないがとにかく凄い映画だ。映画

幻の湖
って、2年も前にDVDになってたのか…知らなかった。
この映画の封切りはかすかに記憶にあるのだが、その凄まじい内容を詳しく知ったのは、「映画秘宝」別冊だった。
どういう凄さかというのは、作品名で検索してもらえばつぶさに語っているサイトが沢山あるので、あえてここではクドクド述べない。
データベースの簡略な説明文でも大体伝わってしまうというのがこの映画の底力だ。

内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)

橋本忍が贈る奇妙なSFドラマを初パッケージ化。何者かに愛犬を殺されたソープ嬢・道子は復讐を誓い、犯人を捜し始める。

実はこの復讐劇には戦国時代からの怨念が絡んでおり、さらに事態は政府の宇宙開発を巻き込み、ジョギング対決へと発展していく。


できるだけ無難に簡潔にまとめようとしても、ものすごいものが滲み出ちゃっている。
特に「政府の宇宙開発を巻き込み、ジョギング対決へと」の部分のダイナミズムがたまらない。
このエントリーでリンクしたのはAmazonのページなのだが、おなじみ
「このDVDを買った人は他にこんなDVDを買っています」
のコーナーに、しっかりと「シベリア超特急」が並んでいる
あたりが全てを物語っている。

それにしても、冷やかしで買うにはずいぶん高い価格設定だと思うんだが…
posted by 大道寺零(管理人) at 01:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。