2008年10月13日

パチソン異国情緒アニメ

時折表記の文字や日本語が明らかにちがったりしているので分かる通り、パチソンカセットが製作されているのは何も日本ばかりに限らない。
そして当然、パチソンを歌っているのも日本人とは限らない。

そんなわけで「パチソン外人枠」のカードで対戦。

【ニコニコ動画】外国人が歌う!超電磁マシーン ボルテスV&闘将ダイモス OP

私のジャッジではダイモス圧勝。

どちらも声や歌のクオリティはパチソン界では相当頑張っている部類なのだが…
ボルテスの1番はまずまずなのに、2番以降いきなり歌詞がヤバくなってくるのは、アニメOPを何度も見るか聞くかして耳コピしたが、それに収録されていない2番からはどうにもダメだったということかもしれない。
posted by 大道寺零(管理人) at 10:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | アニメ

2008年10月11日

アニメ「あさきゆめみし」スタッフ発表アニメ

アニメ「あさきゆめみし」公式サイト:最新情報

■監督
出崎 統(でざき おさむ)
■シリーズ構成
金春 智子(こんぱる ともこ)
■キャラクターデザイン
とみなが まり
■音楽監督
鈴木 清司
■美術監督
河野 次郎
■作画監督
杉野 昭夫
ほか


なんか思いのほか濃ゆい(そして画面の角がどこか必ず光ってる)源氏物語になりそうかもしれん。
posted by 大道寺零(管理人) at 17:30 | Comment(3) | TrackBack(0) | アニメ

2008年10月10日

キカイダー01パチソン 別バージョンアニメ

【ニコニコ動画】パチソン キカイダー01  別ヴァージョン コーラスあり

以前紹介したバリバリコールユンブンゲンな01(この動画の中に入ってます)もすごかったが、こっちのやる気のなさもまた相当のものだ。
なんかこう、机に肘突いて顔乗せながら歌ってるとしか思えない。
posted by 大道寺零(管理人) at 22:18 | Comment(4) | TrackBack(0) | アニメ

2008年09月28日

竜馬の門弟たちアニメ

以前からスタッフのお遊びがあるなあと気づいてはいたのだが、先日スキャンした時に気が向いてついでに調べてみた。

「新ゲッターロボ」第1話「竜馬が行く」の道場襲撃シーンで、門弟たちの名札がバラバラと落ちるシーンがある。(電気が止められる寸前というほど困窮しているらしく、1話時点では門弟もほとんどいないらしいので、以前いた人たちの名前という感じなのだろう)

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 20:18 | Comment(3) | TrackBack(0) | アニメ

2008年08月29日

「あさきゆめみし」アニメ化アニメ



「あさきゆめみし」アニメ化決定 新春フジテレビ ノイタミナ枠ほか(アニメ!アニメ!)

今年は源氏物語1000年記念で、「あさきゆめみし」もまた改装されて出るんだろうなー…程度に思っていたらアニメ化とはちょっとびっくり。でもいつものごとくノイタミナ枠だから見れない…
SAYもそろそろ買ってくれりゃいいのになあ。

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 12:48 | Comment(7) | TrackBack(0) | アニメ

2008年08月05日

飛びます飛びますアニメ

もう10年以上も、「ヤマトの新作企画」が時々発表されてはそのまま凍結というような感じで、「飛ぶ飛ぶ詐欺」とでも呼ぶしかないような状況なのだが、今度は西崎サイドから。

ポニョ超えだ!ヤマト25年ぶり復活へ(芸能) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース

 名作アニメ「宇宙戦艦ヤマト」が最後の劇場公開から25年ぶりの復活に向けて始動した。製作総指揮に当たる西崎義展氏(73)が31日、東京・練馬区内に拠点となる「ヤマト・スタジオ」を開き、「私の最後の作品。宮崎駿監督の“崖の上のポニョ”を超える作品にしたい」とボルテージを上げた。

 スタジオ開きには総監督の舛田利雄氏(80)や総作画監督の湖川友謙氏(58)ら約40人のスタッフも出席し「復活編」の門出を乾杯で祝った。04年7月に一度製作が発表された経緯があるが、著作権をめぐる法廷闘争などもあって、その際は断念。西崎氏によると、今回はすべてがクリアになっての再始動。


しかし(おそらく話題づくり的な意味で選んだのだろうが)いきなり目標が「ポニョ」って微妙な気がするなあ。もちろん観客動員的な意味でだろうけども。

「復活編」の企画自体はかなり前から発表されていて、その時は「2006年公開」を目途にしていたようだ。

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 17:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | アニメ

2008年07月25日

ビバップ実写化企画アニメ

「カウボーイビバップ」に 米国で実写映画化企画が浮上? (アニメ!アニメ!)

 日本の人気アニメ『カウボーイビバップ』を、米国ハリウッドで実写映画化する企画が浮上しているようだ。これは米国の映画情報サイトiFマガジン(iFMagazine )が、7月22日付で報じたものである。この記事は、プロデューサーの アーウィン・ストッフ(Erwin Stoff)氏の話として伝えている。  iFマガジンによれば同氏は、現在大手メジャースタジオFOXのために『カウボーイビバップ』の実写版映画化企画を進めているという。また、企画は極めて初期段階であるが、既に契約書のサインをしているとも報道している。


うーん…
確かにビバップは海外ですごく人気がある。
60〜70年代の海外ドラマやアメリカンニューシネマっぽいテイスト(OPとか)も作品の魅力の一つだし、いかにキャラクターが全員外国人設定とはいえどんなもんかと…(スパイクのキャラクターイメージは松田優作がメインのモデルらしいし)。
あの音楽や脚本・演出の微妙な間やキャラクターのベタベタしない距離感、シャープでいてルーズな雰囲気が最大の良さなのであって、あれを実写で表現できるものなのか激しく疑問。たとえ吹き替えがオリジナルキャストであってもしんどいと思う。
大体、エドの雰囲気や、あのネロンネロンした動きを実現できる人類はいないだろうしなあ。

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 16:59 | Comment(3) | TrackBack(0) | アニメ

2008年07月15日

BS夏休みアニメ特選アニメ


NHKアニメワールド:BS夏休みアニメ特選 放送予定

個人的に録画するのは

・銀英伝
・999
・ぼのぼの

くらいかな?

今槇原VS松本の法廷闘争で注目の999を持ってくるとはNHKもなかなかやるもんだ。
しかも

・999
・さよなら
・エターナル・ファンタジー

の3日連続放送。
無印・さよならでグッと来た後にエターナルで思う存分「ズコー」としてくれという素晴らしい配慮ですね、わかります。

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 15:30 | Comment(4) | TrackBack(0) | アニメ

2008年07月09日

I,ロボットアニメ

前項の「松本VS槇原」のエントリを書きながら、「歌や詩の世界ではもっとすさまじいカブり方(メロディーライン含め)をしているものが腐るほどあるのに、裁判沙汰になって大きく報じられた例は意外に少ないよなあ」と思っていた。

真っ先に思いついたのが、「グレートマジンガー」(1974〜75 東映動画・フジ)と「超人戦隊バラタック」(1977〜78 東映動画・テレ朝)のOP。一度聞けば誰しも茶を吹いてしまうほどよく似ている歌詞だ。

・「おれはグレートマジンガー」
(作詞・小池一雄/作曲・編曲・渡辺宙明/歌・水木一郎)

・「超人戦隊バラタック」
(作詞・浦川しのぶ/作曲・小森昭宏/歌・水木一郎)

歌手が共通しているので、水木一郎ベストやオムニバスに同時収録されることもある。

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 14:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2008年07月08日

「猫の恩返し」アニメ


ジブリだからどーのこーの、というよりも、「大泉さんとミスターとヤスケンが声優出演しているから」という理由で前から一度は見ようと思っていたので。TV視聴。

全体が短いのでダレるとまではいかなかったが、終始メリハリに欠け、脚本の流れもイマイチだったように感じた。TVだから「ふーん」で済んだが、正規の料金で劇場に行ってたなら多分ファビョってたレベルかもしれない。

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 17:58 | Comment(6) | TrackBack(1) | アニメ

2008年06月27日

バルゼーご乱心アニメ

【ニコニコ動画】【MAD】バルゼー艦の火炎直撃砲が強力すぎる -宇宙戦艦ヤマト2-

こういうの好きだな
ループネタって昭和のMADテープだよな

五郎ちゃん風にまとめようと思ったら語呂が悪くなりましたの巻。
別にダジャレじゃないんだ。
posted by 大道寺零(管理人) at 19:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2008年06月05日

映画「鉄人28号 白昼の残月」(2007年)アニメ

NHK-BS2で放映されたものを視聴。
あまり期待せずに録画してみたらものすごくツボな良作だった。
基本的に初期原作を強く意識した絵柄・時代設定等は2004年放映の今川監督TV版に準拠しているが、人物の設定が一部変わっているなど、「同設定のパラレル」とみるのが妥当か。
昭和30年代の風景は、若い人でも新鮮で楽しめると思うが、やはりその時代を生で過ごした40代後半↑のリアルタイム読者オールドファンの方に見てほしい(というか、ぜひ感想をお聞きしたい)作品。

公式サイトはこちら。(音出ます)

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 16:26 | Comment(5) | TrackBack(0) | アニメ

2008年05月14日

早乙女博士水虫疑惑は濡れ衣か?アニメ

「新ゲッターロボ」2話で、早乙女博士が足指の間に薬をペタペタ塗っているサービスシーン、長らく「水虫の薬を塗っている」と信じて疑わなかったのだが、「あれはよく見ると『イボイボコロコロ』と書いているようで、水虫薬ではないっぽい?」という記述を某サイトで見て止め絵でキャプチャしてみた。

(一応食事中の方は見ないほうがいいかも…と書いておく)

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 17:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | アニメ

2008年04月28日

アニメの飲酒シーン規制アニメ

そろそろ暖かくなって来たので、ムーンライダーズの「冷えたビールがないなんて」で1MAD作れぬものかと思案してみたのだが、そもそもゲッターロボにはほとんど飲酒シーンがないことに気づく。
TV版はメインの3人全員が未成年だから当然としても、成人している設定のOVA群においても

・真:話数はあるが全体的にそんなことやってる場合じゃない
・ネオ:話数が少ないし、隼人は忙しいし、竜馬は出番少ない。そもそもメインは一応未成年チーム。
・新:竜馬が新宿のラーメン屋でビール頼むシーンがあるくらい?

なのでどうしたって間に合わない。

別にゲッターにこだわることもないし…と、ビールを"美味そうに"飲むシーンのアニメの記憶を掘り出そうとしたが、「エヴァンゲリオン」のミサトさんや「カウボーイビバップ」のフェイくらいしかすぐに思い出せない。あとは「晩酌シーン」としてサザエさんやしんちゃんか。

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 22:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | アニメ

2008年04月18日

40秒で飛行石アニメ

ムスカの声をおばさんにしてみた(YouTube)

アホすぎるが、それだけにGJ。
途中までは読めたが、ラストは予想外でした。
posted by 大道寺零(管理人) at 15:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2008年03月29日

「とことん石ノ森章太郎」放送予定変更アニメ

国会予算審議の放送が割り込んだため、28(金)に放映予定だった「サイボーグ009」の
テレビ版第2シリーズ第16話
テレビ版第3シリーズ第1話
テレビ版第3シリーズ第45〜48話
の部分について、
3月29日(土)午後(昼)0:15〜2:39
に放送時間変更されています。
番組内で案内があったので、ご覧になっていた方はご存じと思いますが、事前にまとめて予約しておき、あとで見る予定の方は気付かない可能性もありますのでご注意ください。
NHKはこれのせいでタイムテーブルが(しかもかなり直前に)狂ってしまうことがままあるのが痛い…
posted by 大道寺零(管理人) at 02:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2008年03月21日

アニメ夜話 イデオンアニメ

録画した分を見る。

この作品を総括する言葉として
「触らぬイデにたたりなし」
というフレーズは過去何万回となくファンの口にのぼったわけだが、同じような言葉を他ならぬ作り手の口から聞くとまた身も蓋もなさ感がひとしお。

というわけで、松崎さんがかなりぶっちゃけまくっていて面白かった。
公開録画ってどうしても薄くなりがちなのだけど、松崎さんのおかげで面白かった一夜。
また、久しぶりに「湖川あおり+湖川エラ」が見れて嬉しかった。ザブングルの劇場版上映のときのサイン会でエルチ描いて握手してもらったんだよな〜…
posted by 大道寺零(管理人) at 20:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | アニメ

2008年02月04日

今更ヤッターマンの話題アニメ

「主題歌ナンジャコラ」騒動が治まってから書くのもアレだが、やっぱり微妙すぎると思うリメイクヤッターマン。
絵柄は古き良きバタ臭きタツノコテイストを残しつつポップさも加えたアレンジで思ったよりも良かった(少なくとも、90年代に乱発された「キャシャーン」「ガッチャマン」などの可哀想かつ中途半端なリメイク作品群よりはマシだとは思う…)けれども、それだけじゃとても評価は出来ない。三悪&ドクロベー様の大ベテラン勢がお元気そうでイキイキしてて何より、というだけだなあ。
少なくとも今のままでは、オールドファンには食い足りず、今のお子様にとっても「なんだろコレ?」なシロモノでしかないんじゃないかと思うのだが。

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 16:31 | Comment(2) | TrackBack(1) | アニメ

2008年01月11日

久々にGロボMADアニメ

我らがビッグ・ファイアのためなら死ねる(ニコニコ動画)

達人の神作品がありすぎて、やり尽くされた感のあるジャイアントロボMADだが、まだまだやりようはあるんだな…
久々に心底から笑ったGロボMAD。うますぎる。画質もめちゃくちゃいいし。

というかこの曲のフルコーラスって初めて聞いた。
何かのフラッシュとかゲームサイトで鳴ってた「ヌヌネノ」と「んーんんーんんんんんんー」だけのやつしか聞いたことなかったなあ。こういう歌詞だったのか。
posted by 大道寺零(管理人) at 10:32 | Comment(4) | TrackBack(0) | アニメ

2008年01月10日

アニメ地方格差とスポンサードアニメ

田舎に住んでいると、「地方格差(同県の中でさえ)」はイヤになるほどあるけれども、マンガ・アニメ好きとして何より辛いのが、「深夜アニメの放送率(放送可能性)の低さ」である。
掲示板やブログなどで、「次のクールの新作アニメを語ろう」というような話題があっても、今やそのほとんどの作品が深夜枠のため、「深夜アニメ?何それ美味しいの?」状態で指をくわえて傍観しているしかない。(動画共有サイトで試視聴という方向は現実的にはあるわけだけども、微妙な問題を含むのでここでは触れないことにする)


[追記]
番組視聴に当たっては、CS契約という強力な方法の他に、BSデジタル等の固定視聴料金を伴わない選択肢もあります。これらの方法であれば、地方であってもかなり番組格差が解消されることはコメントでご指摘いただいた通りです(ご意見ありがとうございました)。
ですがここでは現時点でハードウェア増設や買い替えを伴わないで、誰でもデフォルトの受信状況(従来のアンテナと地デジ対応でないテレビ)、かつ追加投資なしで見られるという状態を想定し、地上アナログ放送のみを対象に話を進めることにします。
(また、これも地域的な問題ではありますが、当方のような雪の多い地域では、ちょっと吹雪いたり、アンテナに雪が積もったりするとBSはたちどころにノイズが発生し、映像が見えなくなったりすることもあります。CSはなお脆いです。雪に縁のない地域でも、台風の多いところでは、同じような悩みを抱えておられる方も多いのではないでしょうか。天候の問題がなければ平常時の画質はBS・CSの方が優れていますが、不安定要素が多いのも事実で、番組の視聴や個人ライブラリ化に当たっては、地上波放送の方がありがたい場合もあります。そんな個別的な事情も多少含みつつ、話題を地上波に限定させていただきたく思います。)

[追記ここまで]



深夜枠アニメがなかなか放映されない一方で、昔は「アニメ再放送枠」だった朝の6:00〜7:30、夕方16:00〜18:00が情報番組の長時間化で潰されるか大幅に削減されている(実際には16時台には「アンパンマン」「しまじろう」などの低年齢向けの番組が放映されている)というのはキー局と同じなので、いよいよ地方ではアニメの身の置き所がないというわけだ。
以前であれば、この時間は再放送だけでなく、週遅れやクール遅れ、または年遅れであってもそれなりに新し目の作品を見れたのだが…

たまに深夜にアニメが流れても「NANA」だの「コードギアス」だのの自分にとってどうでもいい作品ばかりなのがまた泣けてしまう。(例に挙げた作品のファンの方には不快な文章ですみません。あくまで個人的な趣味の話なので…)

各県事情は違えど、地域格差に泣く県民は多いことだろう。
そんな中、「待ってても放映されないなら自分らがスポンサーになってしまおう」と立ち上がってそれを実現させてしまったのが、鹿児島県の「ひょうたん書店」だ。

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 18:08 | Comment(18) | TrackBack(1) | アニメ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。